FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

愛し合う

よく、SE/Xのことについて、
「愛し合う」という表現を使用することがありますが、
私にとってそれは、
もどかしく、
ぎこちない、どこか遠い言葉のように感じます。

性行為は性行為。ただそれだけのこと。

それは、きっと、私に、
「愛」という言葉が、縦のつながりよりも
横のつながりの方を意識させるからだと思います。
家族への愛や、恋人への愛、
対等に互いを認め合う関係での愛。


では、
縦のつながり、
主従における愛は、どういう存在なのでしょう。


ご主人様が私に施すものは、
はじめは「愛」ではないと思っていました。
そして性行/為自体も愛がなすものとは思っていませんでした。
「欲望の捌け口、
非日常のスリル、
相手が誰であっても同じ、
それがたまたま今は私だというだけのこと」と。

逢瀬やご命令を通し、
私の情けなさや、弱さ、いやらしさを
剥き出しにさせて、
ひりひりしているところに、
さらに丁寧に塩を塗り込むような、
その上鞭打つような、
痛みをよく与えられました。
そして苦しんでいる様子をみて、
さらに深い痛みを与えられました。
それはむしろ、愛などが介在しては、
とてもこんなふうにはできないと思う位に・・・。

今から思えば、
ご主人様の、調教願望があって、
私の、主従への憧れ・興味があって
始まった関係ですけれど、
それは・・・そういう願望があれば、
相手は私でなくてもよかった種類の関係かもしれないけれど、
私の中に、「この女を調教をしたい」という
何かを感じ取っていただいているから、
呼んでいただけているのかなと思うこともあります。

その揺り返しの中に居ます。

「ご主人様の欲望をそそるなら、私でなくてもいい、
今はたまたまその場所に私がいただけ、
私自身に、ご主人様にとって特別な愛は存在していない。」

「ご主人様が私を呼んで下さるということは、
今この瞬間は、私が求められているということ。
ご主人様の中に、私自身が居るということ。
想いがあるということ。」

気持ちが不安定になるときは、いつもその両方を思い、
愛の存在について疑ったり、否定したり、期待したりしました。
これから綴っていく先にも、私の気持ちの揺れを書くことも
多くなるでしょうが、
これを書いている今では、やはりどちらも存在すると思うのです。

「ご主人様は、きっと私以外でも奴隷になりたい女や
調教したいと感じる女が居れば、
調教をするだろうし、
それに関して私はご主人様へ口出しする権利はない。
私だけが特別な愛を受ける女というわけではない。」
でも、愛されたいと思っている

「ご主人様が調教をするときは、
信念を持って、相手のことを本当によく見ておられる。
だから、ある意味、愛がないと出来ないことをしている。
苦痛を与えるのも、その段階でどこまで
ついていけるか、耐えうるかをコントロールしている。
愛がないと、簡単に壊してしまうような
関係のぎりぎりを生きている。
ご主人様の調教欲をそそる対象は、
ご主人様が相手についてよく知って
掌握したいという対象と同義であり、
その興味の深さは愛と呼べるのではないか、
愛が生じ、欲望が深まるのではないか。
一般的な“女”に対してではなく、
“私”に対して、施したい調教というものが
存在するのではないか」
でも、それほどには愛されていないと思っている

ゆらゆら揺れて、その不安定の中で関係は
絶えず変化し、
時間を積み重ねていくのです。
私は変わり、
ご主人様もまた、変わり、
関係のなかから、いろいろなことを
感じ、知るのです。
いままでひとりでは思いもしなかったことや、
見ないようにしてきたことを。

従属の愛なら、最近やっと分かりかけてきました。
信じ、ついて行くこと。
受け入れること。
少しの言葉や振る舞いから、意味を考えること。
尊重すること。
ご主人様のすべてを。

支配の愛は・・・。
まだよく分かりませんが、
愛さないことも愛だと思えるようになりました。
横のつながりの愛を持たないようにすること、
冷静に見つめること。
赦すこと。

つまり、私の愛とご主人様の持っている愛は、
主従、上下関係で生まれるものなので、
どこまでいっても、
愛し合えないものだと気付きます。

それでいいのです。
私は私の愛を信じて、私のやり方で愛すればいい。
ご主人様はご主人様のご自身の愛を信じて、
それだけを見ていればいい。
同じ愛をシェアするわけではないから、
「愛し合う」には違和感があったのかもしれません。

私たちは愛し合えない。
私たちはどこまでいっても愛し合えない。
私たちは同じ立場に居ないから。
互いの愛の存在を信じるだけ。
感じようと努力するだけ。
受け入れるだけ。
それはきっと寂しいことではない。
今なら尊いことだとさえ感じることが出来る。
「愛し合えない」ということを身体と心で理解して
はじめて、
主従の愛は始まるのかもしれない・・・。

以前、奴隷教育でも、書きましたが、
私たちが作ろうとしている関係は
巷に溢れる一般的な感覚のLOVEと同じものではないですが、
それは確かにLOVEで、
LOVEとエロスは同時に存在すると、今では信じることができます。

主の愛は、私が勝手に推し量れるものでは
ありませんが、
逢えないとき、
言葉を交わせないとき、
主の存在を感じるのが困難になっているとき、
そんなふうに、思考の海で遭難するのです。

私たちに愛はどのような形で存在しているのか、
主はどんなふうに受け止めているのか、
私はどこまでついていけるのか、
詮無いことを思い巡らし、
ひとりぼっちで漂流するのです。














ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 私語 | コメント:0 | ∧top | under∨

都合のいい女

主従の精神がいまいち理解できていなかった頃、
もしかして私は全力で「都合のいい女」になろうとしているのか?と
自問したことがありました。

「都合のいい女」

よく使われている言葉を使うときは、
その言葉の内容、誰からの視点か、
一般的な意味と個別の事例のどちらに当て嵌めるつもりなのか
よく考える必要があります。
それを出してしまうだけで、
思考を止めることになるから。

「都合のいい女」とは、
一般的な意味では、
したいときに呼びだして、
することをしたらそれで関係は終わり、
日常に影響を与えず、
邪魔をしない存在であること。
さらにその存在に性的魅力や、若さ、
金銭的な有用性があれば更によい。
というところか。

確かに。
まだ関係の初期、
男女関係としてはこれまで対等に付き合った経験しかない私は、
なぜ、こんなにも、自分の欲求を抑えてまで、
恋人でもない、
決して大事にされることがない男に対して、
この関係を続けようとしているのだろう?
それはどこからくるものなのだろう?
と思ったことがあります。
そういう疑問を持ってしまう私の考えを、
“主従関係って素敵”、と素直に思える
今の状態へとつくってきたご主人様はすごいなぁと思います。


今では、
これほどまで「都合の悪い女」もないなぁ、
とも思えます。

主になりたいサディスト候補生の方には
こっそりお伝えしますが、
主であることは、
主で居続けることは、
相当大変な気がします。

思考・性格傾向、行動傾向、
精神状態の把握。
室温によってさえ、すぐ溶けてしまいそうな違和感、
その日の反応の違い、
思いがけない問いや発言や反発、
些細な誤解・・・等を敏感に察知して、
その対応を考えること。
何かを与えたり、奪ったり、
新しく教えたりしようと考えた時の
方法、手段や時期。
それにちゃんとついてくるかどうか、
微妙な判断をするときの賭けのような気持ち。
どれも、ある意味、自分の精神や、
時間、金銭的余裕を
擦り減らさないと出来ないことです。
主が適当にあしらっていては、
主従は継続できないという事実を
奴隷の身において実感します。
ちゃんと見て、感じて、考えてくださっているから、
信じることができるし、
ついていける。

もし、金銭がそこに介在していたら、
本質を見失うと思います。
手っ取り早く、プレイを愉しみたい、
などの欲求なら、
そういった性風俗店を利用したりされる方も
多いと思いますが、
私のご主人様は、プレイではなく、
主従関係を求めているんだなぁと感じられるのは、
何気ないふとした一言や、行動、
そのひとつひとつに現れる
私を見ているという事実においてです。

何がいいたかったかというと、
ご主人様は、
もうプレイでは満たされないところに
居るんだなぁと実感したことを
記録しておきたかったのです。
私に於いても。









ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック





別窓 | 私語 | コメント:0 | ∧top | under∨

カランドリエ

指折り数える逢瀬と逢瀬のあいだの日にち
私のために為される約束はないので
それがいつ訪れるのかは
私には知るすべがない。

すべてご主人様の気の向くままに。

ご主人様にとって、私に価値を見いだせるあいだは
呼んで戴くことになるのでしょう

私はその一度、一度を、
出来る限りのモチベーションでお応えするよう
必死で向き合うしかない。
一度が総てでそれが最期。
もう逢えないかもしれないと思いながら出向く。

時間だけが、逢瀬の回数だけが大事なのではないと思う
ご主人様のことを考えているあいだは
ご主人様のそばにいなくても、
ご主人様のいる世界を一緒に生きている気がしている。
だからこそ1度に全てを注がなくてはいけない。

しかしながら、
「ちゃんと」
「いつも」
「支配されていることを」
「意識して」
「自分で意思を縛り続ける」
のは、結構な意思が必要です。
傷つきたくない心が、
ご主人様のことを考えないように自制したり、
ほかに関心を向ける様に私をコントロールします。

今迄、私はご主人様に対して愛情を持ってはいけないと
そう思っていました。
主従という関係の前提と云うか、分別のような気がしていたから。
気持ちが乗ることで、主従関係は成り立つか?という
疑問もまた、ありました。
例えば、愛から派生して独占欲だったり、
甘えたいというわがままだったり、
そういうものに変形していかないかと。
そんな思いから、
「ほどほどに」しておくことが大事だと思っていました。

私は、前回の逢瀬を通して、
ご主人様は自分のなかで尊い存在という意味、位置づけをしました。
そういうふうに決めました。
愛を持って向き合うことで
より主従は深まるという可能性を感じました。
そのように心と身体で感じました。
私は、これから、
私なりのかたちで、ご主人様に信頼と愛を捧げることができるか。
それはまだわからないし、
これからの挑戦であり、
私の冒険でもあります。


数字を区切る小さなますめが7つ連なる、
7×5の表にある35の窓を、扉を眺める。
このうちのいくつが
ご主人様へと続く扉だろうか、
もう二度と開かないかもしれない、
・・・。
ご主人様が私を招くように
その扉の鍵を開けてくださるのを静かに待っている。











ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック



別窓 | 私語 | コメント:0 | ∧top | under∨

じょり

ご主人様にお逢いしていない日が続いても、
習慣として、あの辺りを剃るようにしています。
今日も…。
全剃りは、余りに恥ずかしいので、
縦長に狭く中央を残して、
逆三角形であったサイドと、
ちょうど溝の両サイドを
きれいにします。
無防備になったそこは、
刺激に弱く、
濡れやすくなってしまいます。
今日はいつもより、
少し剃りすぎて、
割れ目から、
クリト/リスの隠れる膨らみも
前からはっきり見えてしまう程です。
恥ずかしい。
ヒクヒクしています。
今も…。






ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック
別窓 | 私語 | コメント:3 | ∧top | under∨

ジュウアイ

逢瀬日記の続きを書く前に
少し気分転換に
言葉遊びをしたいと思います。

恋・愛

シタゴコロとマゴコロとか
うまいこというなとか思うけれど、
続きを求めるのがコイ
そこにあるのを慈しむのがアイ
一人でできるのがコイ
相手と自分のあいだに見つけるのがアイ

「慕う」はコイに比べたら弱そうだけど、
慕うとアイは似ている気がする。
でも慕うに比べるとアイはちょっと見返りが欲しそう
慕うは一人でも楽しめそう。
下から上への一方的な感じ?

私が思っている
「主従の愛情」≒Loveの概念は、
キリスト教とともに
日本へ輸入されたときに
はじめに訳された
「御大切」
この気持ちと似ているかもしれない。
大切にしたい気持ち
大切に想う気持ち
大切にしまっておきたい気持ち


私は主従と恋愛の感情は
別のものだと受け止めている。
初めて知ったそれがそうだからだ。

私とご主人様の場合に於いては、
主従における愛情と、
恋愛関係の恋愛感情は
別のものです。

例えば、
ご主人様にキスしていただいたり、
抱き寄せていただくことは、
私の身体にとっても、
気持ちにとっても、
とてもうれしくてたまらないけれど、
それはご主人様が気紛れに与えるものでしかない。

例えば、
逢いたいと望んだときに、
私がするのは、
ご主人様にそれを伝えることではない。
いつでも逢える準備を整えておくことだけ。
それはご主人様が決めてくださることだから。

つまり一方向性ということ。

私の気持ちや身体については、
どんな変化であっても伝えることを
義務付けられている。
ここに綴る言葉みたいに
私のことはご主人様側からは一方的に
透けて見えるほど奥の方まで見られている。
ご主人様の気持ちを見せてくださることは
ごくごく稀、これも一方向性の例。

それを理解というか、感覚で受け入れられたら、
気持ちがすごく楽になる。

ご主人様側からの愛情といえば、
それは存在するのかしないのか証明できませんけれど、
私自身は、
私を奴隷にしていただいていること、
それ自体が主の愛情だと思っている。


はじめは、「主従」それ自身を知らなかったので、
肉体関係を伴うものは「恋愛」しか知らなかった私は
主と奴隷のあいだに何があるか認識できるか
不安に思ったこともあるけれど、
今日まで混合しないで来ている。
そして、こうして、今みたいに、
ご主人様と私のあいだにあるものの存在を
考えたり悩んだりして
関係を続けていくことができている。
それはきっとご主人様の考えにブレが無かったからだと思っている。

ご主人様に出会ったはじめは、
「講師と生徒」みたいな、師弟みたいな気分、
それから少ししてからは、
共同幻想をもつ「パートナー」みたいな気分、
いまは
ご主人様の「ペット」的な感じ・・。
余り芸も出来ず、粗相もよくしますが・・・。

人と「ペット」、種が違うから、
ご主人様に対して、望むものが、
恋愛とは違う。
ご主人様との関係の中で、
なにか傷ついたと感じた時は、
対等だと思っていることにすべての誤りがある。
ご主人様がよく口にする、
「我が出ている」という状態です。

ご主人様の奴隷として、
私の気持ち、身体、成熟していけたらいいな。

私がご主人様に持ちたいと思うのは
ジュウアイ。
“従愛”
「かしこまりました」
のひとことに、すべて込めるアイ。






ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


別窓 | 私語 | コメント:8 | ∧top | under∨

ピノコのこと。

休日、ワインを嗜んで
ほろ酔いのいい気分に浸りながら、
何気なく
ピノコとブラックジャック先生の関係に想いを馳せる。

ブラックジャック先生は、
敢えてクライアントに冷徹な態度を一貫してとり、
依頼者の本心があぶり出されるのを待つ。
先生からは答えを出さない。

これは立派なSM行為のように感じる。

うわべ・・・
利益とか、外聞だとか、
そういうものを一切剥がして、
その奥にあるものが現れるのを待つ。
本人から、
本心の、
純粋な欲求や、生への欲望が見えた時、
その才能を惜しまず発揮する。

「求めること」を、相手に自覚させる、
立派なサディストのように思う。


ピノコは、「畸形のう腫」だったパーツを、
ブラックジャック先生が縫合して、
合成繊維を用いて「組みたてた」「おくさん兼助手」だ。
ピノコは、どんな厳しい局面にあっても、
先生を信頼して、ただ、信じ続ける。
そこにはひとつの主従のかたちを感じる。
先生のために何かしたいと望みながら、
たくさん失敗したり、
あるいはとても役立つはたらきをみせたり、
けなげで可愛い。
いつも先生のことを想っている。
それはご主人様についていく従者の姿に重なる。

当時小学生だった私が、
『ブラックジャック』を図書室で手に取り、
夢中で読んでいた頃、
何をそこに感じたかは
厳密には覚えていないけれど、
私の憧れとして存在する、
主従の原風景のひとつが、
そこにある気もする。










ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


別窓 | 私語 | コメント:4 | ∧top | under∨

叱られること

ご主人様に叱ってもらうことは、甘えのひとつだと思っています。
本当なら、自分で気づいて、
ご主人様にお伝えしたり、対処しないといけないことを、
そのままにしていたり、
ただ待っていたりする時に、
ご主人様の意に沿えないことが起こって、
叱られるという結果になります。

叱られているときは、
本当に「しゅん」という気持ちになりますが、
しっぽが生えていたら、真下を向く感じですが、
ちょっと時間が経って気持ちが落ち着いてきたら、
私の出来ていないところを
見つけてくださったことを含め、
見ていてくださってるんだなぁって
奴隷としてリードを握ってもらってるんだって
少しそんな風に思う時があります。

(本当は叱るなんて手間を煩わせないように
成長すべきですが、
もうちょっと、たくさん、
叱られたい気持ちもあります
・・・私の甘え)

どちらかというと、
自分が有利になるように、
大人の言うことには逆らわず
顔色を見ながら
優等生をしていた子どもだったので、
好き勝手して怒られるという経験がそんなにありませんでした。
もしかしたら、
「好き勝手」の、なにが「好き」かも、
フワっとして過ごしていたのかもしれない。
この中ではこれが好き、
こういう場合ではこれが好き、
この人たちの中ではこうしておくのが好き、
みたいに、
狭い迷路の中を一般的な価値観のもと、
どう最短距離を見つけられるかみたいな
考え方をしていたような気がします。

ご主人様に、いろんな課題を与えられるなかで、
はじめはどんなふうにしたり、
どう考えたらいいか、
まったく、その考え方自体もわからなかったので、
いっぱいヒントをもらったり、
迷ったり、甘えたり、
泣いたり、していました。
考え方ややり方はたくさんあると思うけど
それを全然見つけられなくて、
ただあるがままを表現したり
差し出すことがなかなかできなくて、
答えをご主人様の中になんとか探そうと
たくさん悩みました。
でも、そうじゃないって教えていただきました。
自分の中にしかない。

ご主人様の喜ぶ答えは、
ご主人様が持っている・考えているもの以上のものを、
私が持っている可能性がある。
そんなことを
教えていただきました。
だから、調教に意味があるのだと。

私がご主人様にしてさし上げられることは
わずかしかありませんが
ご主人様が
調教してよかったと思っていただけるように
ありたいです










ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


別窓 | 私語 | コメント:4 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。