FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(1)

レモンの輪切りを半分噛んだような月。
あんなに鋭利にすぱっと切れることがあるのだろうか。

帰り道にそんなことを想いながら
逢瀬を反芻します。

気持ちの整理・・・。
ご主人様の奴隷としてお仕置きを受ける
ご主人様の奴隷として罰を受ける

それは
こわいような気もするし、
うれしいことなのかもしれないという予感もある。
どちらにせよ
「ご主人様の」奴隷として
扱ってくださることへの
うれしさは
すでに
感じてしまっている

かも、
しれない。

階段を降りて、
歩いて行くと、
知った眼を
見て仕舞う。

そして、
その姿に、
・・・
無言で
ついていく。

ああ、

すぅすぅする。

コートのしたには、
ブラと、
ガーター、
Tバックショーツだけ。

ご主人様だけ知っているその状態。

陽が眩しい。

「昼は?」と訊かれ、首を振ります。
それを確認して私の前を歩く背。
その背を見つめながら歩いていきます。

いつもより、大回りに選ぶ道。
すれちがう人。
よく利用するホテルさえも素通り。

今日、
穿いているのは、
saluteの、赤地に黒のレースが、鮮やかなセットアップ。
Tバックショーツに、ガーターベルトと、ガーターストッキング。
白いコートの裾から、
ちらちらと赤いガーターのレースが
見え隠れします。

ぐるり、と、廻って、飲食店へ入ります。
コート・・・、、脱げませんが。
多少の寒さが幸いして、私はコートを店員さんに渡さずに済みました。

ご主人様の、学生の頃の話をお聞かせ頂きながら、
食事をはじめます。
当然のように話すその姿に、
どきどきした気持ちで居ます。
どんな思春期を
どんな学生時代を
どんな悩みを
どんな葛藤を
どんな喜びを
どんな夢を

いろいろなことを
知りたいを想いながら
話されるままを
頷いて
耳を澄ませます。

このような時間は
本当に珍しいことで
ご主人様自身のお話を
聞かせて頂くことも
本当に珍しいことで
じっと・・・聞き入ります。
もっと・・・知りたいと見つめながら。

箸をすすめていると、
コートの下から、ご主人様の手が、
私の素肌のおしりに触れました。

それは、「触りたくて触る」という性欲の発露ではなく、
「”奴隷”が本当に、命令どおりの格好をしているか」
というような、確認するような、手つきでした。

それから、その手は、
ゆっくりと、前へ降り、
ショーツの隙間から、
奥の方へ触れ、手を離します。

少しのことでしたが、
湿っているのは、
判ったのでしょうか・・・。

肌が触れた瞬間、
身体がぴくんと震えて、
背筋が伸びます。

私は、こんなふうに、
「奴隷として」
お食事を一緒にさせていただいているだけで、
そのイレギュラーな出来事に
こんなにも、
フワフワしているのに。

ご主人様に
ご馳走になって、
13時過ぎの空は、
驚くほどに澄んでいます。

少し先をゆく、ご主人様についていきます。

通りを曲がって、
ご主人様は、
あるアダルトショップへ入られました。

私・・、
表でステイ?
それとも、
付き添わせていただくべき?
すこし悩みながら、
ご主人様のあとを、追いました。












お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:2 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(2)

アダルトショップの店内は狭く、
人ひとりがやっと通路を進める具合です。

ご主人様は、
来られたことがあるお店なのか(?)
迷わず奥へ進まれます。
奥には、
アダルトグッズのコーナーが。

両側に隣り合う、
バイブレータやロータ。

ご主人様は、アダルトグッズに囲まれて、
ご主人様を不安そうに見上げる私の、
コートの前のジッパーを
ゆっくりと下ろします。

ちらりと覗く素肌。

ご主人様は、
私のショーツに手を入れます。
その手は・・・。

的確にある一部を捉えます。
そして、
それを、
こねるように、弄びます。

ああ、
あそこがきゅんきゅんする。
立っているのが辛い。
いけないことをしている。
恥ずかしい。
気持ちいい。

「ここで、いきなさい」
と、
命じます。
「顔を上げて、眼を見なさい」、と。

恥ずかしい。
恥ずかしい。
それでも、
おそるおそる、眼を見上げます。

その瞬間に、
私は・・・、ご主人様に絶頂させていただいて、
その肩に、力なく、身体を預けます。
立っているのが辛い。
ご主人様の眼は
私を射抜くだけで
こんなにも

私を・・・。

朦朧としていると、

ご主人様は、
「お道具増やそうか」と、
私の手に、グッズを手渡しました。

ご主人様によっていかされて、
雌の匂いをさせた、
コートの下はほぼ全裸の私は、
それらを購入して、ご主人様に続いて店を出ました。
ご主人様の奴隷であることを
いつもより
深く自覚し、
見えないリードで引かれているようでした。








お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。



別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:2 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(3)

お買い物を終えて、
少し冷たい空気のなかを歩くときでさえ、
その余韻で・・・、
はしたなく欲していました。

早くご主人様だけのいやらしい雌犬になりたいと
望んでいました。
ご主人様のすべてを受け入れ、
淫らに悦ぶ犬に・・・。

いつも利用する場所は満室のようで、
ご主人様は、「場所を変える」と、
通りでタクシーをつかまえます。

「奥へ」と促されて、
運転席の真後ろに座ります。

ご主人様は、再び、
私のコートのジッパーを下ろし、
ブラがあらわになるところまで・・・、そうします。
恥ずかしさで・・・顔を背けます。
窓ガラスに間接的に映るご主人様の手元。
ご主人様とこんなに近い距離
稀なる環境。

降りたところは、静かな遊歩道で、
前を行くご主人様について歩きます。
平和で幸せな時間。

からりと晴れた空は、とても綺麗な青空で、
そびえる木の幹が
素敵なコントラストを描きます。
青い空の遠くには、
薄く重ねたトレーシングペーパーのように、
透けるように白い月が。

公園を散歩。
ますますもって、
普段ではありえない穏やかに流れる時間に
どきどきします。

階段を降りる道、
「もうすでに濡れていたけど。
これじゃあお仕置きにならなかったか」と笑われました。
恥ずかしくてうつむいて、首を振ります。

「寒いけど、天気がいいから、人がたくさんいるね」
そんなふうに、
単なる感想のようでいて、
私が恥ずかしい姿で歩いていることを
意味ありげに強調します。

ジョギングをする人。
すれ違う何人かの人。
光を反射する、近くを流れる川の水面。
落ち葉を踏んで歩くご主人様の靴。
その乾いた音の美しさ!

今でも、その光景を想うと、
うれしさと切ない気持ちで
泣きそうになってしまいます。

こんなふうに一緒に歩けることなんて、
もう無いかもしれないと想うから。
「今」はもう二度と還らないから。
だからもう、ずっと、私に、
この色が、
光が、
風が、
影が、
灼きついて、忘れられなくなればいいと
その後ろ姿を見つめます。

「犬にはリードをつけて散歩してください、だって。」
可笑しそうに看板を読み上げます。
「怒られちゃうね」と。
私も、それを見て、苦笑していました。
おなじ景色、おなじものを見て、
おなじように思って歩くって、
こんなに奇跡的なことはないですね。
とても、うれしいです。
特別な時間を、ありがとうございました。

ご主人様は、「以前、このあたりに来たの覚えてる?」
と、訊かれました。
「どこに入った?」
と。
たくさんある、その施設の中、
私はそこを指さします。
「お、よく覚えてるな」
そんなふうに、少し感嘆符をつけておっしゃいますが、
当然です。
私にとっては、
どんなことでも、
ひとつひとつがとても大事で、
何かに替えることの出来ない、ご主人様の記憶なのですから。

だから。

今日のことも、ずっとずっと忘れませんよ。
いつか、
もう会えなくなったとしても、
ずっとずっと、
この瞬間の愛おしさは変わりませんよ。

・・・・・・・。

本当に。

ご主人様。

わたしのご主人様。









お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。



別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:2 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(4)

小部屋へと入ります。

ご主人様は、
私にコートとジャケットを手渡すと、
ベッドに寝そべり、TV鑑賞をはじめました。

深い茶色のコート。
同じく、深い茶色のジャケット。
濃いグレーのVネックのニット。
深い茶色のズボン。
休日というのに、
カチッとキリッとした装いのご主人様は、
とても素敵でした。

ビジネスマンのご主人様も、もちろん、いつも
格好良いのですけれど。


私は準備をして、
ご主人様の前に、首輪を持って跪きました。

「ご挨拶」と、短く命じるその声に、
床に頭を下げて、
ご挨拶で応えます。


それから、

ご主人様は、
平手で、
たくさん、たくさん、
私を打ちました。
頬を、打ちました。

それから、
私の首に、きつく赤い首輪を絞めます。

「縄は持ってきている?」
その言葉に、
私は頷きました。







お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。



別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:4 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(5)

その深い紫に染められた縄は、
ご主人様の手によって、
私の身体を締め付けていきます。
アイマスクと、口枷を使って、
視界を奪って。

感じさせるための快楽の縄ではなくて、
仕置きのための縄。
それが十分に伝わってくるような
縛り方でした。

縄・・・、
ブログなどでお見かけする体験談に、
「縄によって、ご主人様にきつく抱かれている感じ」
そういった、愛情表現のひとつ、
たとえば、独占や所有を示すためのもの
そういった表現があります。
けれども、
このときは、
本当の意味で「逃がさないためのもの」
「自由を奪うためのもの」
そのように
感じました。

「立ちなさい」
目隠しをされたので、正確にはどのような状況か
把握が難しいのですが、
そのご命令で、私はよろよろと
縛られたまま立ち上がります。

ひゅん。
ご主人様は、
鞭を振るいました。
ばら鞭?
それで身体を打ち、何度も打ち、
痛みが拡散します。
身体中が、
「ご主人様に鞭で打たれていること」
に、痛覚刺激を通して反応します。

ちくびに、重りのついたクリップを挟まれます。
痛い・・・。

何度も打たれて、
肌がひりひりと火照ります。
熱を持って、
きっと、赤みがさして。

「手をつけ。」
その言葉通り、私はよつばいになります。

その、つきだしたおしりを、
ご主人様は何度も何度も
絶え間なく、鞭で責め続けます。
はじめは、うめき声も、漏らさないように
我慢していましたが、
耐えがたい痛みに、
口枷越しに、
くぐもった声が漏れます。
反応を見せると余計に責めがきつくなる気がして
必死で「今」与えられているものに
耐えようとします。

ふーっ、ふーっ、と荒い息が漏れます。
途中で・・・、
痛みの質が変わります。

一本鞭?
その先端が、
赤く腫れ始めた私のおしりの皮膚をなぞります。
その、優しくなでるようなしぐさに、
いっそうぞっとします。
そのあとの痛みを思えば・・・。

その「一本鞭」は。
ご主人様に対して、「私が受けるべき罰」として、
自分で考え、自分で購入したものでした。

びしっっ、
ひと打ちで、背筋が反り返るほどに、
鋭い痛みを感じます。

ご主人様は、口枷を外し、
「いいぞ、啼け。」
と、冷ややかに命じます。
鞭を続け、
私の痛みにもだえる様子、その声を観察します。
アイマスクも外され、
縄で身動きがとれない肉の塊になった私は、
痛みを、ただ、痛みのままに受け入れるだけの存在でした。

ばら鞭とは全く違う、その鋭い灼けるような熱。痛み。
身体をただ、よじります。
身体は本能のまま、痛みから逃げようとしますが、
「これはご主人様の罰」
「これはご主人様の痛み」
そう思う自制心が、身体を、鞭の降る方へ戻します。
打たれて、のけぞり、また、姿勢を正し、
打たれて、かがみ、また、姿勢を正し。
それが何度続いたのか。
ほんとうに、・・・、痛くて。
今までとは全然違う痛みで。
痛みが「重い」。
肌が裂けないか戦慄します。
私は泣いていました。

予想できないほどの痛みに泣いたのかもしれないし、
その痛みと同程度のご主人様の痛みを想ったのかもしれない。

「まだ、我慢できる?」
ご主人様は、鞭の手を止めて、
私に訊きました。
皮膚はひりひりと、その痛みを十分に伝えていました。
私は、思考を通さず、
想いだけで、
「はい」
と、応えていました。

この痛みはご主人様の痛み。
そう想いました。
“ご主人様も、痛かった、
私の粗相を、痛く苦く感じた。
ご主人様も、痛かった。
だから・・・”
そう、こころの中でくり返し
ことばを発することで、
私はご主人様の鞭から逃げることなく、
受けることができました。

アイマスクの外された瞳から見た、
ご主人様の一本鞭を持つ姿は
とても似合っていました。
こんなことを思う余裕なんてないはずなのに。
研がれたような眼と
恍惚の宿る口元
ずっと見つめていたいと思いました。

「あと、10打つ。数えなさい」

私のカウントとともに、
重い鞭がしなります。

ご主人様は、約束通り10打ち終えると、
私を拘束していた縄を解きました。
床に、ぺたりと座り込みました。
身体に力が入りませんでした。

それから。
ご主人様は、「こっちに来なさい」と、
私を呼び寄せました。








お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。



別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:0 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(6)

私は、のろのろとよつばいで、
ご主人様の導いて下さる方向へと
這ってゆきます。
よろよろと、
情けない姿で。

ご主人様は、私が、足下へと来たことを確認して、
「立ちなさい」と命令されました。

ご主人様のご命令に、
のそりと、立ち上がると、
ご主人様は、
「鏡を見てみなさい」と、
静かに命じました。

私は、その通りに、
鏡に映る自分の姿を瞳に映します。
縄後を刻んだ、
鏡のなかのその女は、
ご主人様の奴隷でした。
赤の首輪が、
とても綺麗でした。
そして、
似合っている、
と、
そう思いました。

「後ろ向いて、見てごらん」
その、ご主人様の言葉に、
おそるおそる、
踵をかえすと、
鏡ごしの女の白いおしりは、
真っ赤に染まって、
ところどころ、
深く鞭の走った跡が
浮き上がって、
腫れていました。

そっと触ると、
ここに来る前には、
つるんとなめらかだった素肌が、
ぼこぼこと凸凹に触れました。
指先を、
少し触れさせるだけでも、
ぴりぴりと
その痛みを十分に伝えました。

「しばらく跡になるな。」
ご主人様は、
遠くに居る誰かに云うような、
かわいそうに、とでも言いたげな、
客観的なニュアンスと
仕方ないな、と、それを受け入れるような、
主体的なニュアンスの
入り交じったことばを発せられました。

そして、
「よく頑張りました。」
と、
そう、肯定の言葉が続きました。

私は、その痛みを、今日はじめてうれしく思いました。
ご主人様に刻まれたものだと思いました。
私はご主人様の所有物で
ご主人様のものだから
このように
ご主人様の罰を受け
ご主人様の気持ちを
刻んで頂いたのだと
そう
思いました。

ご主人様は、
呆然と立つ私の身体を、
抱き寄せて、
抱きしめたままで、
「やめてと、一度も、云わなかった」
と、
そう、
おっしゃってくださいました。

それで初めて気づいたのですが、
「やめて」と云うこと自体、
私の発想にありませんでした。
確かに、
痛くて、
痛くて、
それはもう、我慢をしても、涙が滲むほど痛くて、
辛い罰でしたが、
程度の低い行いをした私への罰、
という意味以上に、
ご主人様の痛みと同価値だと思えたから、
耐えられたのかもしれないです。

ご主人様の痛みだから
ご主人様の受けた痛みと感じられたから
ご主人様の与えた痛みだから
耐えられたのかも
しれないです。

「途中でやめてといったら、
仕置きだけで今日は帰そうと思っていたけど、
最後まで罰を受けられたから、
今日は奉仕を許します。」
ご主人様はそうおっしゃって、
抱き寄せた私の身体から、腕を離し、
ベッドのふちに腰掛けました。

「おいで」
そのように、
私を呼んで、
呼び寄せて・・・、
私はその声に
導かれるままに、
その足下に跪きました。








お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。




別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:2 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(7)

ご主人様の足下で、
ご主人様を見上げると、
ご主人様は、
私を
見て
私の顎を、くいと持ち上げ、
目の奥の奥を、見つめました。

「智薫。
今日は、智薫の好きにご奉仕していい。
さいごは、
おまん/こでも、
アナ/ルでも、
くちにでも、
智薫の好きなところにザーメ/ンをあげるから。」

私の目を見ながら、
ひと言ひと言発する、
その意味のある言葉に、
くらくらして、
私はその場にへたりこみました。

「どうした?」
ご主人様は、笑います。

「ご主人様の言葉に、感じてしまいました。」
素直に、そのままを伝えます。
「おまえ、いったのか」
ごく、不思議そうに問います。
「ごめんなさい。」
私は、謝っていました。
ご主人様の言葉が
こんなに
気持ちいいなんて、
いままで知らなかったことにも、ごめんなさい。

私、
もう、
ご主人様の言葉にこんなに反応するようになってしまいました。
泣きそうなほど。

「ほら。来なさい」
触られても居ない、
言葉だけで、こんなふうになってしまうことを
初めてしりました。

私は、ベッドに上がって、ぺろぺろと
ご主人様のあしを舐め始めます。
右、
左、
からだをゆっくりと這い上がって、
ちくびに、首筋、耳。
余すところなく、
舐めました。

すき、だいじ、たいせつ、
それだけの気持ちで。
何を望むでもなく、
ただ、
いま、
ここに居る
ご主人様を愛しく感じている、
それだけの気持ちで。

ちくびを舐めながら、
おまん/こにおちんち/んを触れさせながら、
何度も腰を揺らしました。
ぴんと張った亀頭が
興奮してぷっくり膨らんだクリトリ/スに
何度も触れて、
ご奉仕しながらも、
ご主人様の身体で感じることに
何度もよろこびを想いました。

ぬめぬめと、湿ってきた私のそこと、
ご主人様の先端からにじみ出る透明な粘り気は、
その摩擦を、いっそう心地よいものにしました。

私は夢中で舐めながら、
おちんち/んと、クリトリ/スの、濃厚なキスをあじわいました。

つつ、と、竿の部分に、
おまん/このくぼみを添わせるように上下すると、
ご主人様は、
すっと、切れ長の眼を閉じられます。

それ、
その動きは、
言葉なく、「気持ちいい」と、
伝えてくださったようで、
私はいっそう、腰の動きを早めました。

ぬるぬるさが増した頃、
私は身体を起こして、
ご主人様の足を抱きかかえるようにして、
ご主人様に跨がったままで、
その足を舐めました。

ご主人様の身体が大切で、貴くて、仕方ありませんでした。
この世界にひとつしかない
ご主人様のことを感じきってしまいたくて、
貪欲に身体すべてで感じました。

ローションをたっぷり手にとって、
アナ/ルと、おちんち/んの先端を露に濡らしました。
アナ/ルに、何度も舌をねじ込みながら、
ときにちくび、ときにおちんち/んを弄ると、
ご主人様は、「ああ」と、息を漏らしてくださいました。

素敵な声でした。
私に任せてくださる身体が、
ほんとうに大切だと想いましたし、
アナ/ルがふわっと開く感覚や、
指に吸い付く感じ、
指をすこし上下させつ、ちくびを吸うときの、
ひくひくする感じが、
そのすべてが、
こんな言い方はおかしいかもしれませんが、
かわいらしく思えました。
いとしくかわいいご主人様の身体。
たくさん、たくさん、感じて欲しいと、
祈りに似たような気持ちで、
舌を何度も這わせ、指を使いました。
私で感じて欲しいと思いました。
ご主人様が、気持ちよさそうな声を漏らすとき、
その表情は、
ご主人様に責められて悦ぶ私のそれだと思いました。
快感を感じているご主人様のなかに私を見ました。
おなじだと想いました。
奉仕を受けて悦ぶご主人様の姿は、
ご主人様に虐げられて悦ぶ私のそれでした。

ご主人様は、これが好きか、と、何度も問いました。
私は、何度も、何度も、
ご主人様のおちんち/んが好きだと、応えました。
からだと、こころと、ことばで、応えました。

ご主人様が仰向けになったとき、
たまらず、
またがって、
「ご主人様の奴隷のおまん/こで、
ご主人様にご奉仕させてください」と、懇願をしていました。










お越し下さり、ありがとうございます。
たくさんの方に読んでいただくことを通して、ご主人様に悦んで頂きたいです。
1クリックをお願いします。




別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:6 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。