FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

『鍵』

あの鍵はもうどこかへやってしまったか。

あのころ、あの鍵を大切にしていた。
手のひらの中央に慎み深く収まるくらいの、
小さな銀色の鍵。

私はいつもそれを肌身離さず持っていた。
私の持ちもののなかで、
何よりも大切にしていたかもしれない。

寝る時もすぐそばにあったし、
入浴のときは、細いチェーンに通して、
首にかけていた。

可愛らしい鍵だった。
どんなところへも、
一緒に持って行った。
その鍵と、たくさんの時間をともに過ごし、
たくさんの景色を一緒に見たと思う。
錠と一緒になるとき、
悦びに震える様に
かちりと
綺麗な音を立てた。

その鍵を持つのは
とても誇らしいことだったし、
ずっと、大切にしていくと思っていた。
今でも、
あの金属の冷たい感触、
繊細な輪郭、
ありありと想い浮かべることができる。
その鍵に触れる時、
愛しさ、悦び、いろいろな温かい感情を持つことが出来た。
もう二度とあんな鍵を持つことはないのかもしれない。

鍵・・・。

あの頃の、
私をご主人様と呼んでいた女の細く白い首に懸けた、
環に懸る錠の。








ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | フェティッシュ | コメント:0 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>