FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

逢瀬日記5(8)

よく頑張りましたと、
ご主人様は、私の頭を撫でて褒めてくださいました。
それから・・・、
口づけをくださいました。
それは本当に私にとって特別なことだったのに、
それ以上の色々なことのせいで、
ずいぶん惚けてしまっていたから、
その唇の感じがうまく思い出せません。
本当に特別なことだったのに。

それから、
ご奉仕を命じられました。

はじめてそうしたとき、
ご主人様のアナ/ルを舌で愛撫するのは、
私にとってとてもハードルの高いことでしたが、
今では、
あんなことをした後では、
その「ハードル」がむしろご褒美にも
思えるのが、
すごく不思議・・・です。
舌で、ご主人様の全身を慈しんだ後、
許可をいただいて、
智薫のおま/んこを遣っていただけるように
たくさんおねだりしました。

「奴隷のおま/んこにご主人様のおちん/ちん入れてください。
お願いします」
って、何度も・・・。









ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>