FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記6(2)

踏むように、足の裏を顔に押し付けられた私は・・・、

それはおそらく
少し前の私にとっては屈辱的なことかもしれないけれど、
ごく自然に舌を伸ばして、
ご主人様の足の指をピンクのグロスでふちどった口もとに、
迎え入れていました。

咥えたり、舌で指と指とのあいだをなぞったり、
指紋のざらざらとした繊細な凹凸の感触をあじわったりします。
ご主人様の足、それを舐める行為、
「きたない」と思うことはありませんでした。
ご主人様の形、世界に一つの形、
それを観察するようにご主人様を何度もなぞりました。
私はそのひとつひとつにすごく没頭していて、
自分が濡れているのもはっきりとわかりました。

ご主人様の奴隷が、ご主人様にこんなところで
ご奉仕させていただいて、
ショーツをはしたなくぐちょぐちょに濡らしています・・・。
そう心の中でつぶやきました。

足を舐めさせながら、ご主人様はもう片方の足で、
容赦なく、私の腰を、尻を、踏みつけにします。
ご主人様をちらりと見上げると、
手にした本から目を離し、
私をちらりと見て、眼だけ薄く嗤う。

もういい。というように、私を引き寄せ、
先程みたいに、口もとにおちん/ちんを近付け、
再び咥える様に促します。
舌を伸ばして、喉まで受け入れられるよう努力します。
何度もえづいて、反射としての涙があふれます。
そのたび、あともう一度、深くまでいけるよう試みます。
息が続くまで、なるべく長く、悦んでいただけるように・・。
まだまだ下手だと、拙いと思うのですが、今の私のできるだけを。

じゅぷじゅぷと音を立てそうで、
ときどき、思いとどまります。
通路に足音、人の話し声、
半個室のお店と言っても、
ごく簡易に区切られたスペースで、
こんなことをしている奴隷・・・。

恥ずかしさと、恥ずかしさと、恥ずかしさと、
それと、こんなふうに従っている状況への陶酔。
くらくらします。
もう終わりにしたいという気持ちと、
もっと酷くしてほしいという気持ち。
ご主人様の眼をもっと見たいという気持ち。
奴隷って気持ちいいんだ、と、思いました。

今日のお呼び出しの目的はこれで、
このまま調教も無く逢瀬は終わるのかな、と
なんとなくそう思っていました。
ご主人様は私をそこで待たせ、行くよ。と、帰り支度を始められました。
まだ「帰れ」ではなく、「ついてきなさい」という空気を感じて、
調教して戴けるんだ、と、とてもうれしく思いました。
マスカラのにじみをティッシュでふき取り、身なりを整えます。
ご主人様のあとについていきます。
調教に対して、こんなに、うれしさを持ち始めたのも、
このころかなと思います。
犬ならすごくしっぽを振っていたんじゃないかな(笑)
お会計を済ませて、先を歩くご主人様の後ろに添って、歩きます。








ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:4 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。