FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記6(8)

うれしい時間。
ご主人様へご奉仕を赦されて、
その身体へ近づいていく瞬間。

私はためらうことなく
おちん/ちんを頬の内側に含む。
口でするのすき?と訊かれて、
「好きです。
口をいっぱい犯していただいてうれしいです」
と、微笑む。
ご主人様の快感が少しでも増すよう、
奥まで、深く・・・。

舌でたっぷり愛撫してから、
指先をその根元から、先端へと這わせて、
上下に軽くスライドさせます。
舌も、その王冠のような亀頭の淵を
涎を滴らせながら、行ったり来たりさせます。
どこが気持ちいいんだろう、
なにがご主人様を悦ばせるんだろう、
ご奉仕はいつも私の冒険です。
目に見えない、ご主人様の快楽を
どんな方法で、
掬い取ることが出来るか・・・。
ご主人様に、私のすべてをつくして
気持ちよくなってほしいと願う・・・。

くくっと、幹の部分も、先端の方も
硬さを増して、
どくんどくん、脈打つ感じを持って、
達しそうだと私に伝えてくれます。
私はご主人様に何度もおねだりをしました。

「ご主人様のザーメン、智薫のくちにください」







ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:2 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。