FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

憧れ

私の憧れ。

例えば、それは閉じた世界にある。
誰にも気づかれずに存在している閉じた世界。
普段と違う私。フェティシズムを愛する。

女性の長い髪、鎖骨の影、靴、下着、匂い、鞄、ドレス。
アクセサリィ、ルージュ、本。
男性の眼鏡、ベルト、靴、匂い、上腕、手のひら、首筋。
白のシャツ、スーツ、白衣。

例えば、書庫。
暗い資料室。
誰もいない地下にある資料室。
明かりも無く、埃っぽい、そんなところで強引にいだかれることがあれば
きっと、どうしようもなく濡れてしまう気がします。
きっと2人だけの秘密を始めてしまう。

秘密、なんて素敵な響き

秘密という言葉を好む。

私にとっての秘密は秘「蜜」
甘いもの、素敵なもの、芳しいもの、美しいもの。
素敵なものは、
人目に晒されないよう、汚されないよう、
秘めておくことが大切。
大事に大事に閉じた世界に仕舞っておくのだ。

蜜を秘める。
ひそかに。
いつも、どこかに蜜を探している、私。
キラキラしているものを探している。
ときに純粋に、ときに妖しく光るもの。
キラキラしたものになれるように努力したいと思っている。
はやく見つけてほしい。






ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | フェティッシュ | コメント:4 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>