FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

逢瀬日記11(5)

それから。
ご主人様は、あぐらの姿勢で座って、
私を股間に引き寄せて、
そこに顔を埋めさせます。

カチャ、
と響く金属音。

ご主人様は、ご自身でベルトを外し、
言葉にせず、目で、云います。
「咥えなさい」

あ、
私の目が、潤んでいくのが解ります。
同時に、ショーツで覆われたそこも。

よろこんで快楽の道具にしていただきます。
舌を伸ばして、
迎える様に、
音を立てないように注意しながら、
舌で抱きしめる様に
何度も舐め上げます。

硬く硬くなったところで、
もういい。というふうに、
手のひらで額を掴むようにして
それに夢中の私をやめさせ、
よつばいにさせた私のうしろから、
ご主人様がはいってきます・・・
奥まで、じゅぷじゅぷと突き立てます。

悲鳴に近い嬌声を上げたいのを
必死でこらえて、
視界が涙で滲みます。

タイトなデニムから、ずり下げられて露出した
白くぷっくりした私のおしりが
ご主人様に揺さぶられて、
ご主人様のリズムに跳ねます。







ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記11~ | コメント:0 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>