FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

方法

「わたしともうひとり」に関して、
なぜそういう方法を選んだのか?

私はそれが一番気懸かりでした。


直接言うではなく、
おそらく知るであろう方法で伝達したことについて。

私に知らせたかった情報なのか、
では、なんのために?
認知させた先になにがある?
「もうひとり」にも同じ方法で知らせたのか?
疑問が膨らみます。

私はこのことは、
重要な変化だと感じたから、
流すわけにはいきませんでした。
事実をつきつけて、それで終わりだとしたら
私の反応は興味の外なのかなと思いました。

その一切を伝えると、
ご主人様は、
智薫の心情として大きな事は理解しているが、
智薫への「調教」「主従関係」にとっては、
本質的に重要ではないとおっしゃいました。
何の目的でこの時期にそうしたかを考えなさいと
おっしゃいました。

本質的に重要なことってなんだろう
私にとってそれは
純粋に主と従のなかで
主と従の関係でしか得られないものに触れること
そして、その主が、唯一であることを実感すること
1主1従者のなかで感じられるモノだと思っていた。

ご主人様はもう
「智薫」への「調教」や「主従関係」に
価値を見いださなくなったのか?

いつ、どこで、変化があったのか?

私が見てきたものとご主人様が見せてきたものは
おなじものではなかった?

いろんなことが分からなくなってきた私は、
ご主人様へ送るメールを書いたり消したりして
一向に送信できずにいました。
やりとりが途切れたことに対し、
ご主人様は、なぜ返事がないのかと、訊かれます。

「なにをどう伝えて良いかわからない・・・」
私は、そう、メールに気持ちを乗せて送信しました。






お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:6 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。