FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

しづ子という女

鈴木しづ子さんという俳人がいらっしゃいます。

1919年の東京に生を受け、
24歳頃から俳句を始め、
29歳頃ご結婚、そののち離婚、
その後駐留米兵黒人と同棲、
その後には失踪、消息不明。

その生き様から「娼婦俳人」とさえ呼ばれたひと。

おそろしい位に世間体というものが在った時代に
自分のなかの女を認めたひと。

みずからの
生や性を削って
刻むように
生々しく描かれた一句一句は、
心を奪う。

みずみずしく、
つややかで、
しっとりとして、
さらさらと流れる。

はじめから仕舞いまで女。

哀しみがきらきらと
プリズムのように
光を集め
その美しさは
羨ましくもある。










ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 読書感想文など | コメント:0 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>