FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

未だ・・・

あれはいつごろのことだったでしょう。

主従関係を結んでいただいて、
奴隷になって半年を過ぎた頃か、
それぐらいの頃。

ご主人様は、
それが普通のことだったのか、
忙しかったのか、
連絡がふつりと
なくなったことがありました。

まだ、今よりも
ご主人様への気持ちは
揺らぎが大きかったため、
私は、ご主人様から連絡がないことを不安に思い、
「私はまだご主人様の奴隷でいますか?」
と、
尋ねるメールを送ったことを覚えています。

返信は、
「なぜそう思うの?」
というようなお言葉だったと記憶しています。
何も変わっていないよと、
そういう意味だったと覚えています。

私とご主人様をつなぐものは
メールアドレスひとつで


今は、あの質問のメールを送ったときよりも
もっと、ご主人様とのあいだの空白の時間は増えましたが
あのときみたいに、
ご主人様に私の在り方を問うことはほぼなくなりました。

どこまでいっても、
奴隷でありたいかどうかは自己申告なわけで
ご主人様に「奴隷にさせられた」わけではないと
認識しているからだと、思います。

私は、ご主人様の奴隷で居たいと思っているんだ
という、気持ちを、
ふとした瞬間に感じるとき、
この気持ちがあれば、
ご主人様の奴隷で居られるんだ、と思います。








ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。