FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記41

前回の突然の逢瀬から、
丁度一週間で、
お呼びいただけるなんて、
本当にうれしい出来事でした。

たいへんお忙しい中に、
私へ時間をくださったこと、
本当にうれしく思います。

待ち合わせの場所で待ちます。
澄ました顔で立っていても、
心のなかは、ずっとそわそわしている。
きっと、犬なら、
ちぎれそうなくらいに
しっぽを振っていることでしょう。

お姿と目が合って、
それは一瞬なのに、
どうしてご主人様はいつも、
「智薫がご主人様の姿を視認した」ことが
すぐ判るのでしょう・・・。

すっと、階段を上がり、
ひとこともないままに、
夜の中を進みます。



ご主人様が信号待ちをされている間、
知らない男の人に声を掛けられて、
本当に戸惑いました。
首を横にするので精一杯でした。
きっと、距離を持っているので、
ご主人様はそういうことがあったなんて、
お気づきにならなかったでしょうが、

ご主人様がいらっしゃらないときに
そういうふうに言われても何とも思わないのに
このとき感じた戸惑いの理由は、
ご主人様の前で誰かの性的対象にみられるのが
厭だったということなんだと思います。


ご主人様はネットカフェに入られました。
そこは、私にとってはじめての、
ソファのあるシートでした。

「炭酸以外のなにか」と、飲み物を指示され、
ご主人様のもとへ運びました。

シートの奥に座っていると、
「した。」と、床を指さされ、
ご主人様の奴隷として扱っていただいていることに
感じてしまいました。
その当然の感じが、
うれしくてたまらないなんて、
本当に私は、
狂っているのかもしれない。

手にした首輪を差し出すと、
きゅっときつく巻いてくださいました。

信じられないことですけれど、
私は、その「首輪を巻いて貰う」という行為で
ちいさく逝ってしまいました。

とても・・・、恥ずかしくて、ご主人様には言えませんでしたが・・・。

それほど、うれしく、
ご主人様に首輪をしてもらうという行為は、
身体に訴えるものでした。



ご主人様は、靴下を脱いで、私のほうに足をなげやりました。

眼が、舐めろと言っていました。

おそるおそる、舌を這わせます。
通りを歩く人が気にすれば、
跪いている私のワイン色のワンピースが見えそうで。
それが堪らなくいたたまれない気分でした。

ご主人様の足にご奉仕することに
集中するのが申し訳ない気持ちで
何度も舐めました。

足へご奉仕しているうちに、
ご主人様のスラックスがぱつぱつに膨らんで、
私がご主人様の奴隷として傍にいることで、
ご主人様の性的興奮を誘起しているかと思うと
たまらない気持ちになります。

本当に、たまらない・・・。

ご主人様は、私を踏みしだきました。

そうするのが当然というような素振りが、
うれしく思いました。

ご主人様の自然さが、
私を興奮させました。



ご主人様は、自らベルトを外されました。
男性がベルトを解く姿はとてもセクシーに感じます。
ちょっとこわくて、ぞくぞくします。

ばつばつに膨らんだご主人様を、
舌で迎えます。

大好きな形、
何度も何度も舌で舐めさすります。

ご主人様は、頭を掴んで、
ぐっと、奥まで含ませるようにします。

ご主人様の思うように使って貰ってるんだと、思いました。

何度もそれを繰り返して、
ぴんと、一層張りを強めたとき、
ご主人様のザーメンが、
どくどく溢れました。



濃くて、たくさんのザーメン。
うれしくて、何度も吸いました。

飲み干して、ご主人様を見上げると、
「きれいにして」と、そうおっしゃって、

私はそのままに、
舌でご主人様をなぞりました。



ご主人様は、本を返却するため席を立たれ、
戻ると、「行くよ」、と、私に声をかけました。



ネットカフェを出て、
ご主人様は私を一瞥して、
違う方向へと進まれました。


私は、帰り道、ご主人様のこととのことを
思い返しながら
ご主人様を想いました。

今日も、場所は場所であるけれど、
「触れる」意思で、私に触れることはなかったなあと思います。

ご主人様にとって、
もう、私に触れたい気持ちが
ないとしたら、

どうしよう。と、おそれます。



私はもう、すでに「奴隷」だから、
“「奴隷」になって長いから、
特別では無いから、
もう、触りたいという欲求は与えないんだ”
ばかげた妄想かなという思いと、
それが真実ならどうしようという思い。

ご主人様のメスで居たい
強く願えば願うほど
それが私を苦しめているのかもしれないとも思う。
でも、それでも、私は女でいたい。
ご主人様を刻んでほしい。
身体がずっと忘れないように

ご主人様、
呼んでいただいて、
ありがとうございました。

お忙しい毎日と思いますが、
ご自愛下さいませ。









ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。




スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記41~ | コメント:6 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。