FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

快楽調教と、そのタイミング

女がイくことは重要です。


なぜなら、
個人的な経験上のことになってしまいますが、
女は、
自分をエクスタシーに導いた男性のことを
決して忘れないし、
悪く思わないものだからです。

エクスタシーを知った女は
優しく美しくなる
そうおっしゃる「里中李生」さんの意見に賛同します。

まあ、そんなところで、
男性が意中の女性をいかせることは、
その女性からの愛情を得る、
大きな手がかりとなります
(一般的には、そのような行為が出来るレベルに
達するまでが難しいものですけれど・・・)

女性は、いわゆる、「イクふり」が簡単にできます。(おそらくは。)
男性が、本当にその女性がいったかどうかを見極めるのは困難だと思います。
諸説在ります。
胸元がピンクに染まるとか、
汗が甘く薫るとか、
局部が痙攣するとか・・・。

「イクふり」、それをするのも、ある意味女性の愛情なのかもしれないのですが

・・・
・・・

なぜ、今日このような話をしたかというとですね、

ご主人様が
「意図的に」
クリトリ/スを責めることは
稀だと感じたからです。

そういう「直接的な」性感帯への刺激のタイミングの話です。

・・・

まあ。確かに。
そこは弱い部分で、
おそらく、少し弄られるか、
もしくは、弄ることをほのめかされただけで、
私は達してしまうほど、
すぐ、反応を示す身体になってしまったのですが。

ご主人様が、その場所への責めを、重点的にされないのは、
ご主人様が、そこを責めることに特に面白みを感じていないからだと
思うのです。

感じやすいところで感じたところであたりまえ。
そういう感覚がご主人様にはあるのではないでしょうか。



関係を結んで浅い回数の逢瀬には、
そこを執拗に責められたことも、ありました。

おそらく、ご主人様は経験的に
「一方的な快楽を対象の意思に関わらず否応なく与えられる」状況に置くのが
調教の第一段階・・・というような
自身の理念というか、計画がおありなのかと、思います。

私は、他者から初めて与えられる、
底の無い快楽に、溺れ、素直に従えるようになりました。

薄く嘲笑されながら、
ロータで持続的に弄ばれ、
何度いったか、数えさせられることも、ありました。

それは、
確かに、
ご主人様の楽しみ方の一つではあったけれど、
今に思えば、
「ご主人様の」調教の一つの側面だったのかと
思います。

そこへの責めを過度に必要としない今は
ご主人様にとって、調教のステージを上げたという
状況では無いかと思えるのです。
智薫を積極的にイかさなくても、調教に差し支えない、
自身の快楽に関連しなくなった、というような・・・。
まあ、実際、ご主人様の調教を経て性感帯とはほど遠いところで
いってしまう私も私なのですが・・・。

昨日など、メールの一文だけで、
こんなふうに感じることがあるんだと知ったばかりですし・・・。
実際に会わなくても、
私を到達させるご主人様のポテンシャルって凄い・・・
私は後天性なのに
変態まっしぐら・・・(苦笑)

これからも、もっともっと、
ご主人様の発しているものに敏感になりたいのです。
たくさん、全身で、私の全てで、ご主人様を感じたいのです。

Sの諸兄さま・・・、
快楽調教は、
そのタイミングこそ
重要だと
私の立場から
そっと
お伝えしたく思います。

快楽調教のタイミングさえ
誤らなければ、
貴殿の愛奴は、
貴方を
畏敬しつづけるのではないかと






ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 回想 | コメント:2 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。