FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

じんわり

ご主人様のお言葉と出逢えない日が続きます。

気になる用件でなかったり、
必要で無いと判断されるメールには、
基本返信はありません。
放置だと思わなくなった、変な感覚
謹慎のときのレスポンスの無さは「処罰」
いまは、「判断」
が介在しています。
だから、
じんわり、うれしいなあと思います。
送ったものが届いていると感じます。

メールや手紙を書く→相手に届く
と思い、
それを当然だと信じています

不思議

大昔にはなかったシステム

ちょっと旅に出たら、今生の別れかも知れなかった時代





もしも、なにひとつ連絡手段がなくなったとしても、
届く思いを持っていたいです

昔のひと・・・それを持っている人は多かったのかな

相手を感じる力
私はわたしのなかにいるご主人様を感じて
大切にしている
この大切なものを毎日お手入れして愛する
眺めたり磨いたり言葉をかけたり
じんわりと広がる温かい気持ち

ご主人様のお言葉と出逢えたときは
いっそう・・・うれしい




ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:4 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。