FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「やさしさ」考

以前、想いに迷い、困っていたとき、
ある男性に、言葉をいただいた。

ほんとうに、たすかった思いがしたので、
私は、その彼に、
心を尽くして感謝を述べた。

すると、男性は、
これは「やさしさ」ではないと、
おっしゃいました。



ごく理性的な思考と言葉であると。


すごく、くすぐったい思いがした。
あたたかい気持ち。
うれしさ。

ご主人様に、以前、違う場面ではあるけれど、
私に言葉をくださったことがあって、
そのときにも、
私は、つらく、悲しい思いをしていたのだけれど、
前向きになれるような考えをくださって、
私はご主人様の厚意に感謝を述べたら、
これは「やさしさ」ではないと、
おっしゃったのを、
覚えています。


ああ、おなじだなあと、思いました。





ふたつのケースでたまたま、
気になることが重なっただけのことかもしれませんが、
男性と女性のあいだの「やさしさ」は
もしかしたら、
違うイメージに立ったものなのかもしれないと、思いました。


助けようとしてそうしたんじゃない。
そう思ったからそうしただけ。
そういう立場は、
照れ隠しのようでいて
誠実で繊細
そんなふうに
私は受け取る。
意識的に「やさしくする」ことは、
彼等に於いて
とても重大な決心のうえで
行うべきだという厳格な定めを持っているような・・・。
ジャッジメントが必要といわんばかりの・・・
ご主人様に対してそう感じるだけかもしれませんが(笑)
けれども、ああ、いままでも、当然とした体のやさしさを
幾つも貰ってきたんだなあと感じ入る。

いっぽう女性は、
やさしくできるチャンスがあるなら
好意を持ちうる相手なら
もしくは自分に害を与えない相手なら
やさしくしたい
そういう、限局しない何かを
持っているように、思う。
それはもしかしたら、
遺伝子に刻まれている生存本能としてある
生き残り戦略かもしれませんが・・・。


男性にとってやさしさはとても重大で厳密で
誤解されては困ると線引きを丁寧に定規で行うような?
女性はやさしさを多数に広く放出することで
生きていける場所を数多く確保しようというような?

けれども、それは、
双方にとって、幸福なすれ違いなので
その誤解を愛したいです(笑)
「やさしさ」ではないと主張するやさしさをたくさん受け取って、
あふれる思いを自分なりのやさしさに代えて
大切なおかたが必要としたときに
還元できたらと。






ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:4 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。