FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

残像

時折、ご主人様の夢をみます。

そのご主人様は、
冷たく素通りされたり、
或いは、
私を強く求めてくださったりして、
その在り方は多彩です。

たぶんに私の心を反映しているものなのだと 思いますが、
どのような夢であっても、
そのようなうつつのなかで
ご主人様とお逢いできた朝は
気持ちがとても
想いで満たされているのに
気付くのです。

寂しい夢には
寂しさを感じた自分を
歓喜の夢には
歓喜を感じた自分を
そして
そういういっさいを
私に与えてくださっているご主人様を
想います。




ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 | NEXT>>