FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

従者を名乗ること

こんばんは。
寒いですね。
本当に寒い。
寒いのに、花粉で辛い。
なんか・・・理不尽さを感じます。

ご主人様とのあいだにある主従について
ときどき考えます。

それはどういう色合いをしているのか
それはどういうかたちをしているのか
それはどういう香りのものか
それはどういう味わいのものか
それはどういうムードのものか
どれも、感覚的なもので、
考えているといっていいのか難しいですが
確かに脳とか心とかおなかとか身体をつかって考えているのです。

従者を名乗りたくなる時
それはあくまで
私の場合は、
私自身の内面にむけて名乗る、ということですが、
どういうときかというと、
本の一文や、
映画の誰かのセリフや、
音楽の歌詞の一節に
ご主人様から教わったなと感じたことを受け取るときです。

最近は、私の中にそういうことが何度か続いていて、
教えが生きていて、息づいていることを感じます。
そういうときに、
私はご主人様の従者であることを自分自身にむけて
名乗るのだと思います。





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。