FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記4(6)

ご主人様は、私の女の部分を確かめて、
もうこんなに濡れていると呆れる。
だって、あんなに、嬉しそうに、変態と私のことを罵る
ご主人様を見つめながら、足を舐めた後だもの・・・。
濡れてしまいます。

こんなことをしてご主人様のことを悦ばせようとしているなんて、
ほかの社会的なつながりの人たちは誰も知らないことでしょう。

突然、おま/んこに指を入れられる。
ほら、嬉しいか、というそぶりで私の反応を眺めている。

私はそうするのが礼儀だと思って
前後にねっとりと腰を振り始める。

これは誰のものかと問うご主人様に、
ご主人様のものです。
ご主人様のおま/んこです。
と、うわずる声で伝え続ける。

膝立ちになるように命じられ、その姿勢を取る。
喉の奥まで、ご主人様のそれを咥える様に命じられ、
舌をとろりと差し出し、
ご主人様を迎え入れる。
喉の奥までを犯される感覚。
後頭部の辺りを固定されて、すごく苦しい。
えづいてしまう。
はじめは、喉の奥までどうしても耐えられなかったけれど、
息のコントロールに注意を払って、
極力抵抗しないようにすると、
ご主人様のものが奥まで届くという感じがわかってきました。

ベッドに招かれ、私にはバイブを差し込んだまま、
ご奉仕を命じます。
おま/んこにはバイブを咥えたまま、
めくれあがって濡れた唇はご主人様を咥えています。
じゅるじゅる、と、唾液が透明に糸を引いて、
ご主人様を濡らします。
ご主人様は強く勃起していて嬉しい。
ご主人様のおちん/ちん大好きです、
と、何度も何度も言って、
もっと。という声に応えて、
しなだれながら、ご主人様に寄り添いながら、
何度も、
雌の声を洩らしました。

バイブをかき回されて、
ああ、だめ、と思わず、否定の言葉が出ます。
なんだ、もういきそうなのか。
意地悪く響くその声は、
私をいかせたいのか、いかせたくないのか
定かではありません。
もう。だめ。だめです。
声はどんどん切なさを帯びて。
向こう側へいくことをおそれるように。
奴隷がいきそうか。
再び尋ねられます。
はい。はい。あぁ。
勝手にいくなよ。
制するその声で、私はいきそうです。
10数えるまで、
いくのを我慢するように制されて、
ご主人様のカウントを待ちます。
ご主人様。
ご主人様。
と、何度も呻きました。
1。ほら、いけ。いきなさい。
ご主人様の声をききながら
私は無言で高く昇る。
ご主人様の脛のあたりに、
身体を巻きつくように添わせて、
ご主人様のなかで漂う。

短い空白の後、
ご主人様は再び、私にご奉仕を命じられました。











ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<『サカナ』 | 逢瀬日記 | いつのまにか・・・>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。