FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記5(3)

ご主人様に見られながらするオ/ナニー。
奴隷らしく、
「見ていただきながら」と言うべきかも
しれないけれど、
やはり、苦痛で恥ずかしいことに変わりはないです。

立ったまま、椅子に片足をあずけて、
深く脚を開きます。
そのまま、
指先で、クリト/リスと乳首、
おま/んこを刺激しはじめます。

ベッドに座るご主人様の視線が身体に痛い。
指づかいが次第に速さと強さを増し、
腰もがくがくと揺れはじめ、
前かがみに快感を堪えつつ、
いきそう、もう、いきそうです。と、
ご主人様に申請します。
まだいくなよ。と、
当然のように、
私が果てるのを遮ります。

ご主人様が手にした鞭が、
身体を鋭く打ちつけます。
私は、
はい。・・はい。と、
痛みの中、苦しみに耐えつつ、
返事の声を振り絞ります。
もっと腰振れ、いやらしく。もっと。
と、厳しい声を受け止めながら、
はしたなく腰を振り、
淫らに髪を乱し、
色々なところをじんじんさせて、
肉のおもちゃになりました。
ご主人様の気が向いて、やっと、
私はその行為のゴールを与えられました。
指をのみ込んで、
ぴくぴくと蠢く肉を感じます。
こんなのじゃなくて、
細い指じゃなくて、
求めているのは・・・

恥ずかしさと、痛みと、
・・・朦朧とした快感のなか、
どうして私は奴隷になったのだろう、
女王様ではなく奴隷
などと、いろいろ思いを浮かべていました。
思うがままにされる奴隷、
全てを委ねて自分の全てを放棄できる奴隷、
それは気持ちいいこと?
わからない。
でも、褒めて貰えたら単純にうれしくなってしまう
愚かさ・・・。
どうして私は奴隷でいることを望むんだろう、
ご主人様がご主人様だから・・・。

強制されたオナ/ニーでいった後、
ベッドに促されて、
私はご主人様の前にふたたび、かしずきました。









ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<『フレーム』 | 逢瀬日記 | ありがとうございます。>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。