FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

返信

私の謝罪を受け取ったご主人様から、
メールが届きました。

ご主人様が私の言葉をどんな風に読み、
何を感じられたのか、
具体的に思い描くことは難しいですが、
ご主人様から届いた言葉は、
それを目にした私を甘くきつく縛りつけました。

ぞくぞくして、
身体じゅうの毛が一本一本逆立つような、
初めての感覚です。
私はご主人様自身やご主人様の言葉を
こんなにも求めていたんだ、と思いました。

ご主人様の言葉は、
私を奴隷として躾けるところから、
ご主人様だけの、ご主人様好みの奴隷、
ご主人様のための肉/便/器につくりかえる。
という主旨のものでした。

調教のレベルを上げていくことを示唆していました。

私は、それをこわく思う気持ちと同時に、
ご主人様がそんなふうに私に欲望をあらわにしてくださったことに、
とても嬉しさを感じ、興奮していました。

迷いなく私のことを支配し、蹂躙する意思を感じました。
「主従に関心を持つ私にS男性として教える」という立場をおりて、
「智薫という奴隷を好きなように飼う」という意思表示に思えました。

何の関係もないところからなら、
奴隷になることや、性欲処理の対象になることは、
自ら望むはずもありません。
それが、
そのご主人様の欲望が、
嬉しく思えたことは私にとっても重要なことでした。

私自身が心からご主人様のことを求め、
“S男性としての一般的なご主人様”ではなく、
一人しかいない「ご主人様」の欲望を喜んで受け入れていると
感じたからです。








ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<ありがとうございます。 | 逢瀬日記 | 謝罪の手紙>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。