FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記7(5)

そうこうして、
お風呂場で、
もうひとつの穴の準備をした後、
こちらに来てくださったご主人様と
立ったまま向かい合わせになったとき、
ご主人様は既に強く勃起していて、
それを見ただけで
私もすごく潤んでしまうのがわかる。
触ることを許可いただいて、
ご主人様の手が
私の手を取って、
導く。

その言葉や、素振り、表情や声のトーンが、
私への「許可」以上に、
ご主人様に「それを求めている」という
気持ちがあるように思われて、
苦しいほど、うれしくて、
・・・たまりませんでした。

私は、いっそう、
ご主人様がいるということ、
ご主人様が私という奴隷を
いま、このときは、
こんなにも欲していると感じることで
いやらしく濡らしていました。

行為に至るまえの少しのやり取りで、
こんなに感じ、求め、
身体も心もこんなに反応するのは、
この日まで、「ご主人様」を求め続けていたこと、
ご主人様というたったひとりの
存在に触れることができたからだと感じました。

おちん/ちんを、
手のひらで包むようになぞったり、
さすったり、
唇でご主人様のちくびを含んだり、
舌でなぞったり、
圧をかけてみたり、
ご主人様の身体のどこが
どのような刺激を欲しているか
入念に調べるような愛撫をします。

時折漏れる、ご主人様の悦びの吐息、
低く響く声、
それが
私にとっては何よりのご褒美で、
私によって、
ご主人様が気持ち良さそうにしてくださることが、
何よりうれしく、
私をいやらしく溶かしはじめます。














ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記7(6) | 逢瀬日記 | 逢瀬日記7(4)>>

この記事のコメント:

奴隷さん側の心情がよく分かる文章ですね。
2011-10-24 Mon 18:56 | URL | ギア #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。
本当に・・・、この通りです///

智薫
2011-10-25 Tue 23:45 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。