FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

奴隷教育

奴隷という存在、主従という在り方がいまいち理解できていない私に、
ご主人様は、ご主人様の言葉で教えて下さいました。
会社でも、サークルでも、関係を構築する時に必要なのは理念の共有です。
ご主人様が私に教えてくれたこと、
それは、

“主従の中にしか存在しないエロスが存在すること。”
“主従の中にしか存在しない愛が存在すること。”

でした。




私自身、はじめは、
“愛があったら出来そうにない、組み敷くような激しいS/E/X、
というよりむしろ、F/A/C/K”、に、
妄想的憧れ、というかセックスファンタジーを持っていて、
それらは、現実的には、愛のある関係では成立し難いのではないかと感じていました。
そして同時に、愛のない関係ではどれほどつまらないものかと。

LOVEとエロスが同時に存在することの難しさについて・・・。

動物的に、誰とでも、というのはまず、スタイルとして受け入れ難く、
例えば、ちょっと気に入ったようなお相手と、そういう「レイププレイ」的なことをしたとしても、
きっと後味悪く、もしくはただのお遊びで何も満たされないだろうと。

そのことをご主人様に伝えると、
上下関係のある性行為は、愛があると出来ないというものではなく、
愛が深まる方が、より、エロスも深まること、
横のつながりの愛、縦のつながりの愛、それぞれ別に尊いものだということ、

ご主人様が構築しようとしている縦のつながり、すなわち主従の関係は、
自分たちで作り出さない限り、生まれないものだということ、
その、構築しようとする意志や行動のもとには互いの愛が存在すること
・・・を、ご主人様の言葉で教えて下さいました。





ご主人様。
今なら、少し、ご主人様の言葉が身体と心で理解できます。
ご主人様の衝動を受け入れたい気持ちと、
ご主人様の衝動を悦び、気持ちよく感じる身体、
被虐を悦ぶ気持ちと、赦しを乞う気持ち、
赦して欲しくないと執着する気持ち、
ご主人様に対して、尊敬と絶対的なものを感じて、
自分を手放す感覚、
それは巷に溢れる一般的な感覚のLOVEと同じものではないですが、
それは確かにLOVEで、
LOVEとエロスは同時に存在すると、今では確信できるのです。









ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<矢、杭、槍、穿つものすべて | 逢瀬日記 | はじめてのご褒美>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。