FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記9(1)

続く逢瀬は、意外にもはやく訪れました。
こればかりは
私がどんなに想いを巡らせても、
いつ訪れるものかは
全く予想がつきません。
ご主人様が来なさいとおっしゃると、
それは、もう、逢瀬のはじまりなのです。

ご主人様は、前回やその前と指定の場所は違えど、
そこは半個室ともいえる仕切りのあるネットカフェで、
前の・・・、
衆人環境を薄い壁いちまいで隔てたご奉仕を
思い出してしまいました。

思い出します。
「入ったら、何も言わず口でご奉仕を開始しなさい」
私を、
甘やかに苦しめるその口調
まさか、自分がそんなことが出来るとは思っていなかった出来事。
「今」呼ばれる悦び。
性欲処理という言葉にときめく。

ご主人様の訪れを待つ間、
時間を置いて、数人に声を掛けられる。
私を買いたいという人たちや、
私と遊びたいという人たち。
晒されている気分・・。
ご主人様、はやくきてください・・・。

ご主人様は、茶色のコートに、
モスグリーンのニット、
焦げ茶色のパンツ。
その配色が好き。

ネットカフェについて、
ご主人様は、私に飲み物を用意するようおっしゃったので、
そのように、いたしました。

私のことを気に懸けず
好きな本に手を伸ばすご主人様。

不意に、「こっち」と、お呼ばれします。
のそのそと、這ってご主人様に近付くと、
“なでなで”されました。

私は驚きの瞳で見つめます。
ご主人様のことはよく分かりません。
いつ、どんなときに虐めたいのか、
いつ、どんなときに可愛がりたいのか、
全く・・・。

“なでなで”・・・
ご主人様は、もしかして、私のことを可愛がりたいと思う、
そんな瞬間があるのかなぁ。
あるのかなぁ・・・。
その手のひらの重み、温かさ、
感じたい。もっと。
そのなかにある気持ち、教えて欲しい。ください。もっと。

「マッサージして。」とご主人様は
優しいトーンでご命令されました。










ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記9(2) | 逢瀬日記 | 『マナとミナと主の箱庭 / 縄の味 sweet』>>

この記事のコメント:

前回から、早々と次の逢瀬があって良かったね。今回は、どんな逢瀬になったのかな。
2011-11-11 Fri 02:59 | URL | 綺果 #ZPxUmIoo[ 内容変更]
ありがとうございます。
予想外のお呼ばれでどきどきしていました。
2011-11-11 Fri 10:37 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。