FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「ご主人様」とのお話、主従を信じる

ご主人様は、これ以上、メールで話すことは意味がないから、と、
場所と時間を指定して私を呼び出されました。

時間まで少し余裕があったので、
髪を綺麗にして貰ってきました。

もし、話の行く先が、
ふたりの別れになったとしても、
惨めな気持ちにならないように、
身だしなみは、気のゆくまで、手を懸けて
今日はじめて会ったそのときには、
笑顔でいようと決めている。

今日はその時間を終えるまで
ずっと美しい奴隷のままで
居ようと思っている。

私は悲しんだとしても
ご主人様を傷つけない
私は苦しんだとしても
ご主人様を傷つけない

そんなふうに思っている。

時間がきて、
指定の場所に向かって階段を降りたら、
ご主人様と目が合った。

ご主人様が予約を取られたお店へ
案内していただく。
無言のまま刻が流れていく。

お店の予約席で、
ご主人様がオーダーしたお料理のお皿で
すぐにテーブルが埋まる。

私は、ご主人様の手が、グラスをその口に運ぶのを
ただじっと見ている。

思い出したように、
私は、行く道に買ってきた、
ちいさく綺麗なパッケージに包まれた
スイーツをご主人様へ手渡しました。
ささやかなプレゼント・・、
もう、
なにかを贈ることも出来なくなるかもしれないから、
いまのうちに
したいことをすべて



ご主人様は、ありがとうと受け取ってくださいました。

ご主人様は、それから、
ぽつり、ぽつりと、
慎重に言葉を選ぶように、話し始められます。

罰として命令したのは正しくなかったこと、
私の反応の程度が予想とは違ったものだったこと、
智薫にほかに主従をつくれという命令ではなかったこと、

私は頷きながら、
ご主人様の言葉をひとことひとこと大切に聴き、
ご主人様の次の言葉を静かに待ちました。

空白ができて、私の言葉を待っているのに気付いた時、
私も口をひらきました。

「できるか、できないか、なら、できます。
後悔するか、しないか、なら、後悔すると思います。
関係を持つ以上、相手のことをすごく見て、選んで、
考えると思います。
そうすることで、私にとって特別な人物になる可能性がある。
もし、気持ちが移った時、
それで終わっていいなら、
私は、大事にされていないと思います。」

また、少し空白が訪れて、

ご主人様は、
「いまの時点で、すぐにさせようとは思っていない。」
と、ぽつりとおっしゃいました。

その言葉、様子が、
上述の、「私は大事にされていないと思います」
という言葉を否定していました。
その言葉そのものを口にしたわけではありませんが、
私の前にいるご主人様は、
私のことを本当に奴隷として育て躾けることを
真摯に捉えていると、
佇まいだけで、充分に伝えました。
私はそれだけで気持ちがいっぱいになりました。
私の「ご主人様」だと、そう思いました。

私は、私の使っている言葉が、
ちゃんと私の気持ちを伝えているか
不安なままで、言葉をつづけました。

「・・・、
なにかをさせる、その行為よりも、
私の反応に興味があると言ってくださって、うれしかったです。

プレイのなかに、主従があるのではなくて、
主従があって、
行為をするというふうに思えてきたから」

少し、ご主人様の表情がやわらかくなるのを感じる。

「面倒な奴隷が居てご主人様も大変ですね」

「まあ、好きでしてることだから」

大変だというところには否定をしないところが
面白く、くすぐったく感じる。

「奴隷になってから、私、何か変わりましたか?」

「自分ではどう思う?」

「わかりません」

「ほんとうに?」

「わかってるけど言葉にできないのか、
言葉にできるけど、言いたくないのか・・・」

「はは。周りは?なにかちがう?」

「うーん、別にないです。
肌のツヤはいいねって言われます」

「ははは。」

「ご主人様に初めてお会いした時、変態だぁって思いました。」

「そう」

「性癖の話、忘れられません」

「してあげようか」

「ええ、恥ずかしい・・」

また、少し空白があって、
向かい側に座っているご主人様は、私の髪を撫でる。

「奴隷になって、どう?」

「うれしいです」

「痛いことも、いっぱいあるけどね」

「気持ちが入ると、痛いだけではないです」

「どうなる?」

「痛いけど、・・・うれしい」

髪を撫でていたご主人様の手が降りてきて、
頬をなぞる。
その手が、顎まできて、軽く私の頬を打つ。
それから、その手の指先を、私の唇の上で遊ばせて、
口の中に含ませる。
指の細かな動きが、
私の口蓋を、舌を、絡めて犯していく。
瞳が蕩けてきて、
そのすべてを受け入れたいと思う。
私の主のすべてを。
もう片方の手が、私の頬を打つ。

「いやらしい貌だ。
何もしていないのに。
たったこれだけの期間で、
立派な変態だ」

ご主人様は、「私のご主人様」の貌で、冷たくそう言う。
冷たく・・・、愉しそうに。

ご主人様は、
私が先程手渡した小箱のリボンを解いて、
それを齧りながら、お酒で喉を潤します。
私は、うっとりとそれを見つめています。
不思議な時間、
こんなふうに、
ご主人様と話すことがあるなんて

脚を組んで座りなおしたら、
「主の顔」。
やはり、ただの男性ではなく、
「ご主人様」と呼んでしまう存在になる。

「さて、何もしないで帰る?」

「・・・」

「どうしたい?」

「・・・」

「ちゃんと言いなさい」

自分の口で。

「ご主人様に、

・・・

ご主人様に、ご主人様の奴隷だと、
教えていただきたいです」

恥ずかしさで頬を染めながら、
俯いたままで、そう云いました。

もうだめかもしれないと何度も思いましたが、
私はご主人様の奴隷としてそこに居て、
ご主人様の奴隷であることをうれしく思っていました。
私は、ご主人様に、思いのままを伝えられたことや、
ご主人様の想いをきくことが出来てよかったと思いました。
ちゃんと、奴隷であると、
わたしたちはプレイでなく主従であると、
少ない言葉から
充分に感じることが出来ました。
繋いでいると、
所有されていると、
欲張りな私は、
もっともっと知りたくなります。
忘れられないくらい、
刻んで欲しいと望みます。
ご主人様の意思が私の意思たりえるように、
もっとご主人様を私に刻んで欲しいと。












ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック


スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:16 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記をご覧になられている方への御礼 | 逢瀬日記 | おわりかもしれない。>>

この記事のコメント:

今回は色々でしゃばってしまいましたが、こうしてしっかり逢って話しをしたことは、掛け替えのない、時間だったと私は、思います。
お互いすれ違いのまま終わりを迎えていたら、智薫さんは素直な気持ちに気付くことも無かっただろうし、貴方も、智薫さんの事を改めて、必要なことを気付く事が出来たのではないでしょうか。



所詮、お二人が、決めることで、第三者が、ああだこうだ言うもんでもないのですが、こうして、智薫さんが、悩んでいること素直で嘘偽りのない言葉を読むと、話さずにはいられなくなるんです。
それは、私にとって、可愛い友人のM女ちゃんだから。




もっと大切にしてあげてください。



こんな私に色々言われたくないのもわかります。



友人を主従として御主人様と奴隷として以外の事で、傷つけたりするのは私は、許せません。



奴隷としてしっかり可愛がってあげてくださいね。
調教として体に受ける傷や心に受ける傷は、愛情の証になります。



貴方と智薫さんが、本当に幸せな日々をすごしていけるように、これからも見守らせてくださいね。





智薫さんへ
今回やっぱり御主人様の奴隷で居たいと本気で思えて良かったね。
弱いのは、仕方ないけど、奴隷としては、もう少し強くなろうね。
また、思いをたくさん吐き出して、ここに吐き出すことで、気持ちが、軽くなれるなら、沢山話そう。



時には手厳しい事も言うかもしれないよ。でも、大切な友人だから、私と話すことで、癒されたり、自分と向き合えたら、私は、それだけでも幸せだから。
これからもしっかり御主人様の奴隷として、肉体も精神も磨いて、今回のような事になったとき、今よりも、自信をもって対処できるようになれるといいね。
そして御主人様に智薫さんを手放したくない、もっと素敵な智薫さんに躾たいって思わせられるようにね。
私が居るよ。何でもぶつけておいで。受け止めてあげるから。ね。
2011-12-08 Thu 11:15 | URL | 綺果 #ZPxUmIoo[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-08 Thu 11:59 | | #[ 内容変更]
今、ご主人様と電話でお話していて
時間のズレがあるということは
お聞きしたのですが・・・

ホッとしました
顔を合わせてお話するということは
大切なことですね
智薫さんは、素敵な主様にめぐり逢えたのですね
澪も・・・(uωu*)笑

また自分のことになってしまうのですが・・・汗
今回の智薫さんのblogを読んで
自分の中でも、深く考えることができ
ご主人様ともお話し
自分の理解が間違っていなかったことが解り
自分の気持ちも改めることが出来ました

主従関係というひとつの関係でも
それを結ぶおふたりの色が出るもので
智薫さんの主様と智薫さんのご関係と
ご主人様と澪の関係でも
違いはあり
自分とは違う考え方等があるからこそ
そこから、新たに学びを得ることができるのですよね

素敵なご関係を結ばれておられる智薫さんと
ここで出逢えて(ご主人様のホムペからw)
本当に良かったと想っております(uωu*)
ありがとうございます
これからも、智薫さんの主従の在り方を
見させてくださいね
澪も、ご主人様と素敵な色を出せるような
主従関係が築けるように、前に進んでいきます

 
2011-12-08 Thu 12:23 | URL | 澪@R #-[ 内容変更]
お話しできてよかったですね。
そうやって会話を惜しまないご主人様はいいなって思います。

主従とかから外れた意見だと思いますが、今後も智薫さんが拒否することをためらわないでほしいなと思います。
躾けるとおっしゃっているのですから、拒否の気持ちが生まれるかどうかは躾ける側のさじ加減ひとつだと思うのです。
委ねてみてはどうでしょう。

智薫さんはご自分で弱いとおっしゃっていますが、わたしは主従と言われる関係で関係継続を望むなら、従側に必要なのは『我慢しない強さ』『拒否する強さ』だと思っています。
けっこう従いたい願望のある人って(わたしも含めて)我慢しちゃえるんですよね^^
だけど従側が我慢続けてしまうと、関係継続はむずかしいような気がします。(それこそプレイとしてなら継続できると思うけど)

自然と心から従いたいと思えるように躾けるのも主側の醍醐味ではないでしょうか^^
そのためにも『拒否、我慢しない強さ』は必要かと。
わたしは主従ではありませんが、気がつけば彼の排泄物を喜んでもらっていますので(笑)

やはり関係継続において、双方が幸福でいることが必要に思います^^

はじめてのコメントで長々と失礼いたしました。
これからもよい関係を築かれますように^^
2011-12-08 Thu 12:33 | URL | りん子 #C/VgCf6Q[ 内容変更]
こんばんわ^^

お話できてよかったですね~。

心配していました...

これからも素敵な関係を築いてくださいね^^
応援してます~。
2011-12-08 Thu 19:58 | URL | 朧月 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-12-08 Thu 22:03 | | #[ 内容変更]
初めてコメントさせて頂きます。
最近、足を運びブログ拝見させていただいてました。

良かったですね。
きちんと、主様と逢ってお話が出来て。

一段と絆が深まられたみたいで。

これからも、素敵なお二人であられるのでしょうね。


2011-12-09 Fri 10:31 | URL | hiro #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

「でしゃばる」なんて、とんでもないです。
綺果さまは、
私の素敵な友人であり、素敵なS女さんです。
おかしいことはおかしいと、言って下さった貴女の勇気に
うれしい気持ちでいっぱいです。

「可愛い友人のM女ちゃん」と云っていただけて、
とってもうれしかったです。
ありがとうございました。

> 調教として体に受ける傷や心に受ける傷は、愛情の証になります。

順平さんのことを想って、あたたかくなりました。
そうなのですね。

> 弱いのは、仕方ないけど、奴隷としては、もう少し強くなろうね。

そうですね。
そうなれるよう、
今回のことを、大切にしたいと思います。
強くなれるよう、頑張りたいので、どうか、見守っていただければ、
うれしく、心強く思います。
このブログで、出来る限り素直に、
ありのままを書きたいと思います。

> 時には手厳しい事も言うかもしれないよ。
でも、大切な友人だから、私と話すことで、癒されたり、自分と向き合えたら、
私は、それだけでも幸せだから。

勿体ないお言葉、ありがとうございます。
私が間違えた時には、
間違っていると、どうか、教えてください。

> これからもしっかり御主人様の奴隷として、肉体も精神も磨いて、
今回のような事になったとき、今よりも、自信をもって対処できるようになれるといいね。

ほんとうにそう思います。
頑張りたいです。
自分が変わりたいと思った時にしか、
変われないと思っているので・・・。
今日、たくさんお言葉をいただいて、
これほど、変わりたいと思ったことはないです。
ご主人様を失望させない奴隷に、変わりたいです。

> 私が居るよ。何でもぶつけておいで。受け止めてあげるから。ね。

ありがとうございます。
そのお言葉、
たいへんうれしく、
何度も読ませていただきました。

2011-12-10 Sat 23:45 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

それだけ、鍵付コメントさまの気持ちが、
鍵付コメントさまの主さまに寄り添っているということだと想います。

うれしいコメントありがとうございました。

絆がいっそう、深まりますよう。
2011-12-10 Sat 23:47 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

澪さまのご主人様との絆が一層深まったこと、
良かったですね。
私もそれを伺ってうれしく思います。
通じ合えるって、素敵なことですね。
たくさん、気持ちの伴った言葉を交わせるといいですね。

わたしと、わたしのご主人様はどんな色かな、
コメントを戴いて、そんなふうに思いました。

ひとつとして同じ関係はありませんね。
他から、共通点を知ったり、
全くちがうところから、同じところを観たり、
同じだと思っていたものが、全く違ったり・・・

その新鮮な驚きが、素敵ですね。
どれも、目を凝らさないと気づかないものかもしれませんね。
五感を澄ませて、触れてみたい、です。

澪さまと、その主さまの色も、
目を凝らして、
見つめていたい、です。

2011-12-10 Sat 23:53 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

心のこもった言葉、うれしかったです。

>今後も智薫さんが拒否することをためらわないでほしいなと思います。

ありがとうございます。
比較的、自己中心的な(涙)奴隷ですので、
思ったことはすぐ云ってしまうような私です。
罰を受けながらも、ご主人様に添って、
ご主人様にとってのいい女になれたらなぁと思います。
精進します・・。

>『我慢しない強さ』『拒否する強さ』

割合あるほうなので(苦笑)、
それが出すぎないよう、コントロールしたいです・・。

> 自然と心から従いたいと思えるように躾けるのも主側の醍醐味ではないでしょうか^^

ほんとうに、そういう瞬間はありますね。
主だと想う瞬間・・・。
そういう刻を積み重ねられたら、と望みます。

> やはり関係継続において、双方が幸福でいることが必要に思います^^

その通りです、
素敵なことです。
発展するため、成長するために、
関係は築いていくべきだと思います。

> はじめてのコメントで長々と失礼いたしました。
> これからもよい関係を築かれますように^^

こちらこそ、ありがとうございました。
もし、よろしければ、
りん子さんのブログを、リンクに加えさせていただきたく存じます。
お返事、お待ちしています。

2011-12-11 Sun 00:00 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

心配をおかけして、申し訳ありませんでした。
まだ、ちゃんと、主の奴隷で居ます。
応援、ありがとうございます。
若葉マークの奴隷、
主従初心者ですが、
ご主人様との関係を大切にしていきたいと思います。

また、おじゃまさせていただきます。

2011-12-11 Sun 00:02 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
そんなふうに云っていただけて、
とてもうれしかったです。
本来、このような場所に出るべきではない主従の関係、
それを肯定して下さったようで
うれしかったです。

また・・・、言葉を残して下されば、うれしく思います。
どうか、見守ってください。
その言葉で、私は、書き続けることができます。
ありがとうございました。

2011-12-11 Sun 00:05 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

お越しいただき、ありがとうございます。
まだまだ未熟な奴隷ですが、
見守っていただければ幸いです。

2011-12-11 Sun 00:06 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
リンクの件了解です。
わたしのブログは内容が多岐に渡っているので、なんだか恐縮してしまいますが、よろしくお願いします。

これからも智薫さんの世界を綴っていかれますように^^


2011-12-12 Mon 09:22 | URL | りん子 #C/VgCf6Q[ 内容変更]
どうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

2011-12-12 Mon 11:37 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。