FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記14(2)

「鞭が気持ちいいのか?淫乱」

信じられないな、とでも言いたげな
冷たいその声にくらくらする。
腰を高く上げたよつばいの脚が震える。
力がうまく入らない。
ふらふらと膝をつくと、
「立ちなさい」とまた鞭が降る。

何度も何度も打ち付けられて、
痛みに身体がびくつく。

突然・・・
ご主人様の指が私のなかに入ってきます。
そのまま、腰を振るように命じられて、
にゅぷぬぷと、云われるまま腰を前後にスライドさせます。
私のなかで蠢くたびに、声を漏らしてしまう・・・。

「そう。」
肯定の言葉とともに、手加減なく鞭が振り下ろされる。

乾いた音と湿った音と湿った声。
無言の部屋で何度も繰り返される音。
調教師に飼われている一匹の犬。
ご主人様は私に何度も何度も繰り返し刺激を与え続けました。

痛みと快感の刺激に喘ぐたび、
ひゅんと鞭がしなります。

痛みと快感とに弄ばれて、
喘ぐたびに、
ご主人様のおもちゃであることを感じます。

ご主人様は私のいいところを探り当てて、
執拗に刺激を繰り返します。

快感を我慢しますが、その我慢にも果てが見えます。
何度も何度も与えられる刺激に、
ご主人様の赦しを乞いながらも、
ご主人様の許可を受ける前に
私は、いってしまいました。

「なんだ、いったのか。勝手に?」

いかないはずがない程の刺激を与えながらも、
ご主人様は、
それが不思議なことのように、
私を蔑みます。

「ごめんなさい。ご主人様。
ご主人様の奴隷が、おゆるし頂く前にいってしまいました。」

掠れるような声で、絶え絶えに、
ご主人様へ奴隷の勝手を侘びます。

「どうしようもない淫乱だな」と、一息ついて、
ご主人様は、私の身体を踏みつけにしはじめました。










逢瀬日記にお越し下さりありがとうございます。
たくさんの方が読んでくださっていることをご主人様にお伝えしたいです。
1クリックお願いいたします。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 逢瀬日記11~ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記14(3) | 逢瀬日記 | 逢瀬日記14(1)>>

この記事のコメント:

鞭って、ほんと不思議ですね
私は、先日のご調教での鞭は
すごく痛くて、泣き出したいほどでした・・・
でも・・・
痛みと感じていながらも
そこには、気持ち良さも存在している・・・
でも、『鞭』ではなく『ご主人様の鞭』だからこそ
なのでしょうね

いつも、智薫さまの姿勢からは
主様へ対する深い想いが感じられ
私も、そのような奴隷になりたいと想います
2011-12-19 Mon 15:11 | URL | 澪@R #-[ 内容変更]
澪さま、こんにちは。
コメントありがとうございます。

澪さまも、
澪さまのご主人様から鞭をお受けになったのですね。
なんだか・・・、親近感・・。

> いつも、智薫さまの姿勢からは主様へ対する深い想いが感じられ
> 私も、そのような奴隷になりたいと想います

ありがとうございます。
そんなふうに言っていただけて、
本当にうれしいです。
ご主人様からは、
カタチとしては残らない、視えないけれど、
私の奥深くにずっと続いていくような、
大切なものをたくさん与えて戴いているので、
私は、それを意識しない日はないです。
本来なら閉じた2人だけの世界だったものが、
逢瀬日記を通じて
私とご主人様との主従の在り方になにかを感じていただけることは
とてもうれしいです。
ありがとうございます。

澪さまと澪さまのご主人様の在り方も
とても素敵なものだと思います。
2011-12-19 Mon 22:02 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。