FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記14(4)

ご主人様の性器に顔をつけてご奉仕していると
「おいで」と、もう一度呼んでくださいます。
目線をご主人様の眼と合うように上げると、
こちらを見ています。

その声のトーン、表情に、奪われる、何度も。

目で、おまん/こを遣って奉仕しなさいと云っています。
私は、恥ずかしくて堪りません。
そんなふうにご主人様の道具にしていただくことが
うれしくてしょうがないから。

ご主人様へ、うえから身体を沈めるようにすると、
ご主人様は、私の腰を掴んで、一気に奥まで貫きます。
からだじゅうが、ご主人様で満たされて、
言葉を失います。
こんな・・、
全部、
ご主人様で、いっぱいになる・・。

「うれしいなぁ?遣って貰って。ん?」
それはもう。気が遠くなる程。
「うれしいです。」
ご主人様の身体に戻ってくることが出来て。
ご主人様の一部になることが出来て。
「智薫、このおまん/こ誰の?」
ご主人様のものです。こんなにもご主人様で満たされている。
「ご主人様のものです」
ご主人様を、とろりと溶けそうな表情で見つめます。
私はいま、ご主人様の快楽のための道具であり、
私はいま、ご主人様の身体の一部、
ご主人様の快楽は私の快楽。
気持ちいいです。とても・・・。

パールが痛気持ち悪い。
ご主人様は揺れるパールを引き抜いて、
うしろから入ってきてくださいました。
奥に当たっているのが解る・・。
本当に雌犬みたい。そう思う。
遣われていることを実感する。
よつばいから、姿勢を崩させて、私をうつぶせに寝かせ、
もう一度、そのまま、うしろから突き上げます。
「もっと締めてみなさい。そう。」
ご主人様の怒張に削られていくように、
肉が肉を擦ります。
ご主人様のカタチに、私のなかが変わっていく・・
そんなふうに、思います。

引き抜いて、私を仰向けにし、上体を起こさせて、
対面座位のかたちになります。
ご主人様と、目があうのが、恥ずかしすぎる・・。
変な話ですが、
虐められているときに目が合うのは、
「どきどき」なのですが、
おまん/こを遣われているときに目が合うのは、
恥ずかしくて死にそうです。
ほんと恥ずかしい。
見ないで、
淫らな貌、
奴隷が、ご主人様に可愛がって貰って、
こんなに悦んでしまってごめんなさい。
あっ、
なんだか、この角度、すごい。
すごくいい場所に当たってる。
気持ちよさで身体がフワフワする。
なにこれ。

ご主人様は私の身体が逃げないように、
あぐらのように組んで足で身体を締めつけていて、
ご主人様の脚の檻、
囚われている感覚にぞくぞくして、
何度も何度も気を遣りそうになります。
遣って貰ってうれしい、身体が全身でそう云っています。

身体を離したとき、
ご主人様が、驚いた表情で、
「うわ、ぐっちょぐちょ・・。」
と呟きます。
「自分の、触ってみなさい。どうなってる?」
恥ずかしいくらいに濡らしていました。
ご主人様への欲情を漏らしていました。
ご主人様のもとへ這い寄って、
ぴんと張っているそこに、舌を這わせます。
私のいやらしい汁とご主人様の液が混ざり合う。
ご主人様は、「ああ、いく」と、私をご主人様の奥へ沈め、
くちのなかに、駆け上がってきたザーメンを
たっぷりそそいで下さいました。
どくどくと溢れるご主人様のザーメン・・。
すごく・・
濃くて多い。
「ああ、いく」と云った時の、
思わずいってしまう、という感じの声が
すごくうれしくて、
ご主人様だいすき。って思いました。
本日は、智薫をお呼びいただき、ありがとうございました。



















まだ余韻でうっとりしてしまいます。
これからも逢瀬を重ねられることを望みます。
1クリックしていただければ幸いです。




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 逢瀬日記11~ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<コンドームの消費 | 逢瀬日記 | 逢瀬日記14(3)>>

この記事のコメント:

智薫様の言葉を読ませていただき
目が覚めたような気がいたしました
私はまだ、ご主人様に自分の身体の中に
入っていただいている時に
遣っていただいているという感覚よりも
快楽に犯されてしまっているという感覚の方が
大きくて・・・
そうではないですよね
前の穴も・・・身体全部で
ご奉仕させていただいているのですよね
もっと、ご主人様に気持ち良くなっていただくために
考えなくてはと想いました・・・

「ご主人様の身体の一部」って素敵ですね
心も身体も繋がって、ひとつになれているようで・・・

2011-12-22 Thu 13:46 | URL | 澪@R #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

あは///(恥)
勿論、自分自身の快感も無いわけではないですよ。
だって、すごく気持ちいいんだもん///
でも、最近は、私の身体を遣おうという気持ちを(一瞬でも)持つ
ご主人様の気持ちの動きに感じてしまうのですよね。
ご主人様の奴隷としては。
ええ、変態です・・・。
自覚はあります・・。
ああ、このやりとりをご主人様にふっと読まれているかもしれないと思うと、
もう!もう!たいへん恥ずかしいのですけれど・・。
澪さまにはいろんなこと話したくなっちゃうのですよね。

澪さまがおっしゃるような、
積極的に、快感を求める姿もまた可愛らしいものと思いますよ。
だから、変わる必要のないところは変わらないままでも
いいと思いますよ。
それは、澪さまのご主人様の望みのままに
従えばいいことだと・・・。
なんて、余計なお世話ですね(笑)

「ご主人様の身体の一部」、そう感じられた瞬間が
自分にとって価値ある経験でした。
伝えるのは難しいですが、
“ご主人様と(私が)ひとつになる”というよりは、
私の身体のご主人様を感じる部分が増えていく、
全く新しいフォーマットに書きかえられるというか、
身体の更新というか、
私の所属を離れてご主人様の所属になるという感じです。
自分の身体で快感にじゃれて遊ぶのではなく、
ご主人様にご主人様の快感を教え込まれるような。
身体は離れても、
その余韻を感じて、
日常を生きられるというのは
とってもいやらしくて、素敵なことです。
私は私のご主人様の持つ「雄」「男性性」に支配されているのだなぁと
身体の熱が引いた後もしみじみと感じます。
その秘密の想いがとても私を悦ばせます。

2011-12-22 Thu 22:32 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。