FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ぐれ子に鉄槌。

以前より、
ご主人様の言動へ異議を持ったり、
奴隷としての振る舞いが出来なかったことで
じゅうじゅうお仕置きを受けながら
主従のみちを、多分にぶれながら導いていただいている私です。

・・・。

このたび、
奴隷にあるまじき失態をおかしました。

いわゆる
「恐怖の10分ルール」。

詳しくは、以下をご覧くださいませ。
恐怖の10分ルール

これを、
何気なく
破ってしまいました。

勤務後疲れて、うたたねをしたことで、
ご主人様からの
メールの着信に気づかないという
事象が発生しました。


ご主人様は、
少し時間をあけて、
いつなら出てこれるか、
また、
「10分ルール」を遵守できなかった仕置きとして、
次の道具を準備するよう
ご命令されました。

「ア/ナル用バイブ」
「いま持っているのよりも一回り大きなアナ/ルプラグ」

なにぶん、
私はまだ、
多少は
ぐれ子の気分を引きずっていた今日このごろなので、
素直にその懲罰や
罰したい気持ちを
受け入れることが
困難でした。

それに追い打ちをかける様に、
始まったメンスに対して
私のもやもやっとした感情は
ピークを迎えようとしておりました。

嵐の前触れ・・・
心の奥に
暗く立ちこめる雲の存在を
感じます。













ぐれ子の更生に力をお貸しください・・・。
クリックよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<ありがとうございます。 | 逢瀬日記 | Re;ぐれ子。>>

この記事のコメント:

あるんですよね。
女の人はホルモンバランスにより、男性には理解しようもない不調があります。だから、さぞかし難しい想いをされてると想います。
でも、やっぱり奴隷というカテゴリにおいては、それすらご主人様には関係ないことなのではと思ってしまいます。ご主人様の命令には従順になるのが当たり前の世界です。できなければお仕置きをうける。理不尽なこともありますが、それも主従ゆえではと想います。
だから、主従関係はほんと奥の深い大変なことだと思ってます。
ぐれ子を越えることが、調教の成果なのかなぁとも思ったり。
もちろんぐれ子はしんどい(笑)どんどんぐれ子になる時もありますよね(笑)
でも、きっときっかけはご主人様の言葉だったりで乗り越えていけたりしますよ(^_^)
素直に話してお仕置きを受けるのがいいかも(笑)
2011-12-28 Wed 21:09 | URL | 晴凛 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

ホルモンバランスの恐ろしさってあります。
以前、男性とお話した時に、
「男の性欲は、10代のころは特に、1か100みたいな感じで、
自分の意思や時と場合に関係なく、
勃起してしまうことがある」
ということを聞いて、
それはそれですごく大変だなぁと印象的に思ったものですが、
男性は年齢とともに在る程度コントロールできてくる面においては、
女のそれは長い期間に渡ってホルモンに支配されるのだなぁと
違いを想います。
女性に対し、男性の性の話しってあまり聞く機会がないので、
「おちんちんの気持ち」をもっと知りたいなと思います。
自分とは別人のものが身体にいる感じなのでしょうか。


「奴隷」の立場では、晴凛さまのおっしゃる通りで、
自分の事情を優先させたり、ご主人様の意思をないがしろにすることがあれば、
続かない関係のなかにいると思います。
儘ならないことを、
受け入れたり、じゃあ儘ならないとして、どうしていくか、
自分はどう思ったから、どう受け取ったから苦しいのか、
「原因の探索をはじめる」、
じゃあ受け取り方を変えたらどうか、
伝え方がまずかったのではないか、
「方法の探索をはじめる」、
そして結果から反省したり喜んだり・・・
そんなふうに課題が尽きないところが、
私にとって
大事な関係だと思わせる要因のひとつなのだと思います。

主従関係は本当に奥の深い大変なことですね。
「楽だから愉しい」という関係ではないことは確かなので、
その先に何を見つけるのか、を、
苦しむ中でも楽しんでいる様に思います。

>きっかけはご主人様の言葉だったりで乗り越えていけたりしますよ(^_^)
> 素直に話してお仕置きを受けるのがいいかも(笑)

ありがとうございます。
それがすべてのような気がします。
受け入れられないときのことを思うと、
向き合うのってこわいです。
せめてぐれ子をこじらせないように
自分の気持ちの縺れたところを、
なぜもつれてきてしまったか、
手に取って見つめてみたいと思います。
自分で自覚しないことには
向きあう位置まで行けないので・・・


2011-12-29 Thu 10:39 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。