FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

想いと執着、占有と顕示

ご主人様は、
あのとき、なにか大事なことや、
いろいろなことを伝えてくださったように思いますが、
「お前は何度注意しても変わらない」
「今日は絶対にいくなよ」
「可愛がられない奴隷はみじめだ」
という言葉だけが
まとわりつくように残って
他のこと殆どを、詳細に思い出せずにいました。

私は大切なことを捕え損ねてしまうかもしれない、
私は私の認識で、
ご主人様の伝えたかった意図と間違っているところはないだろうか。
ご主人様の言葉、行動に対する私の心の反応に
自信が持てませんでした。
そしてそれをそのまま、
ご主人様へメールで伝えました。

それに対し、ご主人様は、
「なぜ仕置きを受けたかを理解できるか」と問われました。

私は、
「ご主人様を優先できないことは
奴隷として、あってはならないことだから」
と答えました。

ご主人様は、
「そう、そのために管理を強化する。
智薫が、奴隷であることを意識する時間や回数を増やす。
ここまで説明しても、まだ意図がわからない?」
と、おっしゃいました。

私は、私として日常生活をおくるにあたり、
奴隷としての私を意識しないようにしていたこと、
そうすることで、
必要以上にご主人様を想いすぎないようにして
苦しまない様にしていたと伝えました。
想いと執着の差はバランスをわずかに欠いた時、
大きく変貌してしまうように思うから。
それは好ましくないことだから。
ご主人様に必要とされていないときは、
ご主人様を意識から出来るだけ切り離そうとしていました。

ご主人様は、それに対して、
「自分を可愛がって守るな。
お前が奴隷だと公表しろと言っているわけではない。
私の奴隷である自分を今以上に認識しなさい。」
と告げました。

そうすることで、なにかが、大きく変わってしまうということは
あるのでしょうか。
あるのかもしれない。

「“いつも奴隷でいること”
私がそうなることで、
ご主人様にとって、いくばくか、
私に対して占有欲のようなものを持たれますか?」
と、尋ねてみました。

「すでに自分の所有物に占有欲を抱くことは無い。」
と、そうおっしゃいました。

確かに、飼っているペットに対して、
何度も飼いたいと思うことがないように。

ただ、こうもおっしゃいました。
「顕示欲なら在り得るかもしれないな。
そういう奴隷になりなさい」

主が飼っていることに満足できるようなペットに。



私は時間を置いて、
再びメールを送信しました。
「現時点で、
私はご主人様の欲求を満たせていないのですよね、
ご主人様にとって、
私が奴隷であることは、
余り意味のないことなのですか?
他の奴隷を求めていますか

考えるほど、
わからなくなっていきます。」

飼いたいという欲求も生じない、
既に手にしていても誇らしくもない、
そういう存在なのでしょうか。
ただ涙ばかりが滲みました。










お越しいただき、ありがとうございます。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 回想 | コメント:8 | ∧top | under∨
<<change | 逢瀬日記 | 逢瀬日記21(2)>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-20 Mon 10:23 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-20 Mon 10:49 | | #[ 内容変更]
主従という関係の
良いとこどり を
主さまの意識を確認して進もうとされているように思えました…
気分が落ちている時は仕方ないのかも
しれません


自分のことを棚上げして傍観者としてコメントさせていただくのは失礼なので 少しお話しさせていただきます

かつて主従関係に身を置いたことがあります
貴女様のように赤い首輪をつけて…
乳首とラビアにピアスをつけて…
季節ごとにお散歩にお連れいただいたり痕跡をいただいたり縛っていただき吊るしていただき床に転がしていただき打ち付けていただきえぐり出していただき
放心した奴隷を眺めていらした視線は永遠に時が止まったようでした
お道具は最後まで好きになれませんでしたが主さまが用意された数々を常に
ご一緒させていただくときも離れていて報告するときや懇願するときもお手入れし使わせていただいていました

はじめてのことばかりでしたので質問や空回り、
主さまが当たり前だと思われていることを繰り返し聞き直したり無理だと開き直ったり辛いと嘆いたときもあり
もし奴隷に替えがあるのならば、もっと主さまの意向に趣向に沿える素晴らしく完璧な奴隷さんが存在するなら関わらないほうが(自分が去るほうが)よいのでは、と自問自答した日を思い出します

お仕えして 主さまの悦びに 役立ちたい

女性をお連れしたこともあります
主さまのおっしゃるとおりに 目の前で交わりました
不思議と辛くはありませんでした
不安が吹き飛んでうれしかったことを覚えています
こころの動きを読んでくださっていて
ケアしてくださったからです
お連れした女性とはいまだ良き友人関係です

主さま とは ご自分の欲求をさらけ出すお相手を好みに造り上げてゆくのだと思います
そのなかで 相手の想いを汲んでくださっているとしか思えません
ギリギリのところを探って がんばれるじゃないか と次に進んだり 反応が芳しくなく追求を省略したり

『ご主人様』に自らの身体も魂も差し出しさらけ出し穿たれる奴隷は存在します管理され怖れながらも最高の快楽と最低の孤独とを味わい他を知らない奴隷
ご主人様の存在を奴隷は最高唯一で最後と思っています

よく 人間関係は写し鏡 とたとえられますご主人様が『わかってきたな』と得心の笑みを溢される日が来ますように。

『分かるか?』と訊いてくださるうちに…当たり前のように 専用の遣いでの良い奴隷になりたくはないですか?
2012-02-20 Mon 10:59 | URL | mew #-[ 内容変更]
わたしは主従や奴隷ではないので的外れなことを言っているかもしれませんが、違う立場から見えたものをコメントさせてください。

わたしは、智薫さんは『この人と思える存在の理想の形に自分を変えていきたい』というようなことを求めているのかなと思っています。
その『この人』が智薫さんのご主人様でなのですよね。

これはわたしの勝手な想像ですが、智薫さんのご主人様が作る理想の主従関係というものは、『奴隷は主に与える存在』、奴隷が主の様々な要求をクリア(与え)してはじめて奴隷は何かしら与えてもらえるものと読み取れます。(ご主人様を一番に優先しろということなどから)

まあ、可能かどうかは別で、ご主人様の喜びを自分の喜びにするというのは主従関係と呼ばれるものの基本かもしれませんが、それと近いものだと思います。

だとしたら、智薫さん、整理してみてはどうですか。
智薫さんが『与え続けるだけ』に快感を得られないのだとしたら、何かしらご主人様から与えて続けてもらえないと不安になる一方なら、ご主人様の理想が、果たして智薫さんが求めているものに当てはまるのでしょうか。
もし当てはまるというなら『与え続ける立場』になると腹を括るしかないし、もし、それだけでは不安になるなら、智薫さんの理想の形は違うものなのかもしれないと思うのです。

ご主人様の理想の主従とご自身が求める形がどの程度一致しているか、整理してみたほうがいいような気がします。

2012-02-20 Mon 15:54 | URL | りん子 #C/VgCf6Q[ 内容変更]
お越しいただきありがとうございます。
コメントありがとうございます。

ご主人様のよろこびとは何か。
どんなときのご主人様の奥にあるものが満たされるのか。
ただ、言われるままに動くロボットのような奴隷ではなく、
ご主人様を知り
ご主人様のご命令を心に受けて従う奴隷に
そんなふうに
考えながら悩みながら
変化していきたいと思っています。



2012-02-21 Tue 12:37 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
はじめまして。
お越しいただきありがとうございます。
以前から、読んで戴いていたということを
お伝えいただいて、うれしいです。
コメントありがとうございます。

あたたかいお言葉、うれしいです。
そう云っていただくと、
私のなかでの
ご主人様の言動への理解や受け取り方も
少し変化するような気がします。

鍵付コメントさまの心のなかには、いつも、
素敵なご主人様がいらっしゃるのですね。
これからもよい関係を築かれますよう・・・☆

それにしても
ご主人様に甘えるのって難しいことですね(笑)
奴隷の特権(?)なのにね(笑)


私の日記から何かを感じていただけるところがあれば
書いていて幸いです。
ありがとうございます。
よろしければ、また、いつでもお越しくださいませ。
そして色々教えてください///

2012-02-21 Tue 12:45 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
こんにちは。
逢瀬日記にお越し下さり、ありがとうございます。
コメントありがとうございます。

mewさまにも、とても大切にされている主従の記憶がおありなのですね。

mewさまがおっしゃいますように、
ご主人様が私へと伝えてくださったことを、
私が心から理解し、行動や言葉のすみずみに
それを現わすことができるように
なれるよう・・・と思います。


2012-02-21 Tue 12:52 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
りん子さん、こんにちは。
お越しくださってありがとうございます。

いろんな方の言葉を聴けるのは私にとって、とても貴重なことです。
コメントありがとうございます。

「ご主人様」の理想の形に自分を変えていきたい、
確かに私にはそういう願望があるのかもしれません。
それが、ご主人様に悦んでいただく方法のように思えるからです。

りん子さんがおっしゃるように、
(私の)ご主人様は、『奴隷は主に与える存在』、
自分を対象の為に犠牲にする心を持つこと、
を、とても大事にされているのだと思うのです。
「謙虚さ」「控えめな態度」とはまた違って、
自分を控えることを第一選択とする態度ではなく、
自分の欲求を知った上で、相手のことを汲めるような態度・・。
そういうものなのかなと感じます。

それを私のフィルターを通して文章におこすと、
「与え続けることを望む」というふうな印象のものになったと思うのですが、
それは、ご主人様が、ご主人様自身の欲求によって、
与えなさいとおっしゃっているのではなく、
私の無駄なものを削いだり、与えたりするための手段として
そう命じられることが多いのかな・・と
解釈をしています。

私はたいへん利己的なところがあるので、
その「自らを対象のために犠牲にする」という思想を
気持ちや行動の面で受け入れるのは、
いつも迷いや困難を感じたりするのですが、
「絶対に無理、厭、出来ない!」
という強い拒否感以上に
「ご主人様のためにそれが出来るかな」
という気持ちにしていただけるので、
「ご主人様」の奴隷という立場へ
違和感を持っているということはありません。
それは、ご主人様の調教の方針に確固としたものがあるため、
ご主人様が私のご主人様でいてくださっていることに
安心しているということだと思います。
私は、(今でも多少そうですが)
欲し続けることが多かったと思います。
相手に求めるものが、自分が与えるものよりも、
比重として大きかったと思います。
欲しがってばかりの奴隷に
与えることを教える
そのような調教をいただいているように思えます。

『与え続ける立場』に身を置いたとき、
与えられるものが何か自分にあるか
という不安はありますし、
与えられないことへの不安とも
戦わなくてはいけません。
けれども
それを経ることで
大事なつながりが
出来るような気がしています。
書いてて涙があふれてきたのでこの辺で。

ご主人様の奴隷としての私の在り方は、
happyなだけではない何ものかのなかに、
大事なものがあるような気がしています。

芯に触れるような言葉をありがとうございました。



2012-02-21 Tue 13:23 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。