FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記25(2)

私は、ベッドに寝そべるご主人様を前に、
赤い首輪を握りしめて、
床に正座していました。

「雌犬」としての調教に怯えながら。

沈黙のなか流れる時間。
焦れて、
私は着ていた黒の透けるキャミソールや
細い下着を外して、
裸になりました。

裸で正座になったまま、時間はもう少し経ちます。

何かをきっかけにご主人様は身体を起こし、
私の首に首輪を巻きました。

ご主人様は、
「ご挨拶」
と、短く言葉を発し、私に命じました。

私は、新しく考えてくるように、といわれていた、
ご主人様へのご挨拶を口にしました。
覚悟を伝える言葉。



ご主人様は、そのあと、少し間をとってから、
私を見て、
「智薫は何?」
と、お聞きになりました。

「ご主人様の奴隷です。」
私は、そう答えます。

「そうだな、でも、ただの奴隷じゃないよな。
雌犬奴隷だろ?」
空気がぴんと張ります。
ひりひりと痛む。
「はい。」
「ご主人様の雌犬奴隷です。」
私はそう、口にしていました。

リードをきつく引かれ、
部屋をよつばいで歩かされました。
何度も

「どんな気分?」
そう訊かれて、
確か、「犬みたいです」といったように思います。
本当は余り詳しく思い出せません。
とてもショックだったから・・。

膝立ちをさせて、
ご主人様は、私のアナ/ルに
アナ/ルビーズを差し込んで、しっぽを生やしました。
しっぽを振るよう命じられて、
何度も何度も腰を振りました。
バイブを入れられて、
モータ音が鳴り始めました。
私の奥をそれでえぐらせながら、
ご主人様は、鞭で私のお尻を打ちました。
何度も、何度も・・。
「いいぞ、もっと鳴け」
そう口にしながら、
私の肌を黒い鞭でしたたかに打ち付けました。
初めて受ける扱いでした。
「いいぞ。奴隷らしい尻になってきた」

「もっと振れ、休むな」

鞭はずっと降り続けました。
こんなに打つことがあるんだという位に。
ご主人様は、私の口に指を突っ込んで、
顔をご主人様のほうへ向けさせました。
「どんな気分」
再びそう訊きます。
目の周りは涙でぐしゃぐしゃに、
強制的に開くことをされた唇の端からは
唾液が流れ落ちました。
その瞬間、
ご主人様の平手が私の頬を打ちます。
「答えなさい」
嗚咽・・しか、出ません。
「もういやか。もう終わりか。やめるか。」
その言葉に、
首を振ることしかできませんでした。

ご主人様は私の顎を掴む手を離し、
お皿に水を張って、それを飲ませました。
犬のように・・・。

ひと皿分の水をなんとか飲み干すと、
更に注がれます。

ペットボトルの残りを、
私の身体に掛けます。
冷たい、
身体以上に心が冷えていく。

水分をしきりに摂らせる行動に予感をします。
洗面器を指差し、
そこにおしっ/こするように命じます。

とても、そんなことは無理で、
首を振りました。








逢瀬日記・・・、続きます。
クリックをお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記21~ | コメント:0 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記25(3) | 逢瀬日記 | 逢瀬日記25(1)>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。