FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記25(5)

どのタイミングで、
どのように、
どんな快感の波がくるのか
そのしくみはよく判りませんが、
「いい、ああ、出る。口に」
という声の後で、
白い体液がどくん、どくんと注がれます。

残さず飲みこんでから、
ありがとうございました、と
口にします。

ご主人様の手に依って
首輪が外されます。

ご主人様は、
そこにいてもいいというようなスペースを
ベッドの隣にあけてくださいました。

「どうだった?」
そう訊かれました。
主語は無くとも、
“調教プラン2”に依る
調教に対する感想を求められているということが
判りました。

私は無言で布団に包まりました。
何と言っていいかわからないにも程があります。
もう二度と、このような、酷い目には遭いたくないと
思いつつも、
ご主人様のあけてくださったスペースに
居られる今の時間の甘美さを思うと、
訳のわからない快楽を感じてしまう。
懐いていたくなってしまう。
私は、「・・はやく人間になりたいです」
と、ベム的な発言をしました。


ご主人様は、無言でTVを観ています。
何気なく、腕枕みたいにして、
私の首へ腕を回します。
不意に、ぎゅっと抱き寄せるみたいに力が入ります。
それに、くらっとします。
こんなふうに、抱き寄せてみたくなる対象ということか?
ただのクセか?
?は浮かびます。
ご主人様の意図はいつもはかりかねることばかりです。
うれしさで落ちつかなくてそわそわしていると、
「何だ、落ちつかないな」とおっしゃり、シャワーへ立たれました。

部屋を出るとき、
「おつかれ」
と、
抱きしめてくれた気がします。

抱きしめられるのも滅多に無いことなので、
また、一瞬の出来事だったので、
今でも本当にあった出来事かなぁ?と思います。
ご主人様は私のことをあのときどんな気持ちで
抱き寄せたんだろう?
「雌犬」として躾けようとした、その初めての調教に
何を想うことがあっただろう。
なにもない
ことはないように思う。

私はいつもご主人様から
たくさんの終わらない宿題を課されたまま
その背中を見つめている








逢瀬日記・・・、お読みいただきありがとうございます。
クリックをお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記21~ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<あのかたの言葉 | 逢瀬日記 | 逢瀬日記25(4)>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-03-16 Fri 19:27 | | #[ 内容変更]
こんばんは。
逢瀬日記にお越し下さり、ありがとうございます。
コメントくださり、ありがとうございます。

以前から読んでくださっている方でしょうか。
このような関係にお詳しい方でしょうか。
関係って、違う角度からは違ったものが見えますね。
いつも単調で申し訳ありません(苦笑)
発展出来るように頑張っているのですけれども・・・。
私のレベルがそこにあるということでしょうね。
成長・・・、
私自身の成長、
関係性の成長、
どんなときにそれを感じるのか、
どんな状態が成長なのか、
まだまだわからないことだらけです。
それは私にも見えるものなのでしょうか?
第三者にも見えるものなのでしょうか?


鍵付コメントさまからの見え方をお伝えくださって、
ありがとうございます。
ご心配(?)していただいているのでしょうか、
優しい方ですね。

相手の気持ちを考えることって・・・難しいことですね。
みなさまは
もしくは奴隷の方たち、主の方たちには
簡単なこと なのでしょうか
私にとってはすごく難しいことです。
だから よく、想像レベルで行きどまってしまいます。
難しいことだから・・・、
ほんの一瞬、伝わったかな、という瞬間が
とてもかけがえなく、大切なものになるのでしょうね。



2012-03-16 Fri 22:24 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。