FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記28(3)

「調教の意図」

第三者を交える調教。その意図。
はかりかねる言葉に首を傾げます。
「わかりません。」と私は素直に言葉を返しました。

ご主人様は、私から目をそらさずに話を続けます。
「ペットにおもちゃを与えるということ。
だから、智薫は、きちんとおもちゃで遊ぶこと。」

「はい・・・。」

ご主人様は、私のショーツへ手を入れます。
そこが、十分に湿っていることを指先で確認されます。

「まあ・・・。
すぐに慣れるかもな。
話だけで、こんなに濡らしているのか?」
私の前で脚を組みます。

私は・・、そのさきの想像に濡らしているんじゃなくって、
ご主人様の前にいることそれだけで濡らしているのに。













お越し下さり、ありがとうございます。
クリックをお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記21~ | コメント:0 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記28(4) | 逢瀬日記 | 逢瀬日記28(2)>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。