FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記28(4)

靴下を脱いで、ご主人様は素足を私の鼻先に突きつけ、
「舐めろ」と命じられました。

私の舌が、ご主人様の足の指によって、
押し下げられます。
不格好に押し広げられて歪む口唇で、
ご主人様の足を受け入れます。
頭を上下へ揺さぶり、
ご主人様の足を奥まで含みました。
ぐちゅぐちゅと、
唾液でご主人様の指が露にひかりはじめました。

私はいつのまにか泣いていました。
涙が次々にこぼれて、
もう、どうしようもなく泣いていました。
頬を何筋も何筋も涙の路が通り、
そのたびに肌を濡らしました。
今まで一度も消されたことのない、煌々とした照明のもとでは、
ご主人様にも私がそういう状態になっていることは
隠したくても隠しようがありませんでした。
ただ静かに舌を何度も這わせて、舐めることに集中しました。

私の頭の中では、
「私がご主人様にしてほしくないと思っていること」で
頭がいっぱいになっていました。

両足を舐め終えた頃、
ご主人様は、
私の顎を掴んで、
「足なめながら何してた?」
と訊かれました。
私は、少し躊躇ったのち、
「泣いていました」
と答えました。
続けて、
「何故?」と問われます。

私は・・・、嗚咽でなかなか言葉を発することはできませんでした。
しゃくり上げて、ぐすぐすと鼻をならしました。

「言いなさい」
そうおっしゃって、
ご主人様は、私の言葉を待ってくださいました。

「私が・・・、
ご主人様にして欲しくないと思っていることを想像して、
・・・、」

「うん」

「それは、ほかの女の人に、
私にするような調教をしておられるのを
見ること だって、思っていたけれど、
・・・、

そうじゃなくて、
そうすることで、
ご主人様が愉しいと思われるのなら、
それを、よろこばないと いけなくて、
それが、できないのが、
かなしいです。」

そう口にしているときも、涙は次々溢れて、
とまりませんでした。
大切なご主人様のたのしみ、よろこびを
自分の幸せと思うこと、
・・・、
私は、自分のしてほしいこと、
自分のしてほしくないことでいっぱいで、
・・・。
そう思うたびに、
何度も、気持ちが、いっぱいになって。

「そうなりたいと思う?」
ご主人様は、私を見ました。
私の頬に、手のひらをそっと、包むように置きました。

「わかりません・・・。
けれど。
そうなったら、
ご主人様は、よろこんでくださると思います。」

「そうだね、
そのための調教だね。
“ご主人様”のことを、想う奴隷になるんだよね」

ご主人様は、私を撫でました。
いつも、言葉にするのは不器用だけれど、
何か、何かが少し、伝わった気がしました。






お越し下さり、ありがとうございます。
クリックをお願いします。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 逢瀬日記21~ | コメント:4 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記28(5) | 逢瀬日記 | 逢瀬日記28(3)>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-03-28 Wed 21:55 | | #[ 内容変更]
悲しくて素敵な瞬間を目撃してしまった…

そんな日記ですね



2012-03-28 Wed 22:26 | URL | ミチル #-[ 内容変更]
鍵付きコメントさまへ

逢瀬日記へお越しくださり、
ありがとうございます。
コメントをくださり、ありがとうございます。

「素敵な内容」と言っていただき、
ありがとうございます。

今まで、本当に
自分から求めてばかりで、
ご主人様に貰うことばかり求めてて、
そういうのがいけないなって思いました。

そのように言える、鍵付きコメントさまがすごいなって思います。

気持ちでは、とても、割り切りづらいところもおありだと
想像しますし、
でも、それでも、ご主人様のものでいたいという気持ちもわかります。

鍵付きコメントさまが大切だと思うかたのことを信じる気持ちは
とても綺麗なものだと思います。

きっと、ほんとうに、「特別」なのでしょう。

応援のお言葉を、
ありがとうございます。

私は、ご主人様の思うように、
順調に成長できる気はまったくしませんが、
ご主人様を大切に思う気持ちは、
見失わないように、
自分のこころと向き合ってみたいと思っています。

私は、このたび、鍵付きコメントさまのお気持ちや、
その環境のことをお聞かせいただいて、
本当に、共感させていただきましたし、
その気持ちの在り方に学ばせていただきました。
コメントありがとうございました。
うれしかったです。
ありがとうございました。

2012-03-28 Wed 23:43 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
お越しくださり、ありがとうございます。
コメントをくださってうれしいです。
ありがとうございます。

悲しくて素敵、
そんなふうに言っていただいてありがとうございます。

でも悲しいだけではだめなのですよね。
私の気持ちの不足や、
できていないところを感じます。


2012-03-28 Wed 23:46 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。