FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

彼方の人

縁とは不思議で素敵なもので。

以前からすこし、
交流のあった、
奴隷を所持されている、
素敵な感性をお持ちの20代の男性と、
私と、
ご主人様とで、
短時間ではありますが、
会合が開かれることになりました。

プレイというわけではなく、
お話を目的とした、
座談会です。
主と犬と男性の三者面談・・・(?)

このように、
主従の世界に身を置かれるかたと、
リアルにお話をさせていただくのは、
はじめての出来事です。

ご主人様は、経験おありなのかしら・・。

その20代男性は、
私の住まいよりも遠方の方で、
ご主人様が奇遇にも、
出張でその方面に出られることとなり、
また、
私自身も、そのほかの用事で、
同じ土地を訪れることになったので、
特別なチャンスが訪れたのでした。

ご主人様も、この奇縁というか、
機会の重なりに、驚いておられました。
縁というものは
やはり存在するんだなと思いました。
必要なときに必要なものがもたらされたり、
うまくいかないときは理由があってうまくいかなかったり(結果、それで良かったり)
驚くほど、ものすごくうまくいったり・・・。
大きな力が、
あるべきように、
なるべきように、
動かしてくださっているのかなと思います。

少し前、
あんなにも、変化を感じる調教をしていただいたあとのことなのに、
また、このような機会に恵まれて、
ほんとうにしあわせです。

ご主人様の奴隷であることを
深く、永く、
実感させていただいたあとだけに、
また、こうして、
ご主人様の奴隷として、
ひとさまのまえに
出させていただくことに
ときめいてしまいます。

うれしくて仕方ありません。

その日まで
ほんとうに楽しみに
指折り数えて
過ごしました。





お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記30(1) 面談 | 逢瀬日記 | 逢瀬日記29(7)>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。