FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記31(8)

「もう一度言ってごらん?」
私が、身体の声に従って発したその懇願を、
ご主人様はもう一度、口にするよう命じました。

その意味を、もう一度捉えた私は、
恥ずかしさの中で、
それでも、
欲しいという気持ちが強くて、
おそるおそる、
口を開きます。

「ご主人様の奴隷のおまん/こで、ご奉仕させてください」
もう一度、その言葉を。

ご主人様は、私の目を正面から見つめて、
いいよ、と、許可をくださいました。

ご主人様の身体へと脚を開いて、
上から、ゆっくり、身体を沈めます。
痛いほど、硬く、熱く、膨張したご主人様に、
私のすべてが囚われます。

すごく、きつく感じます。
ご主人様、こんなにも大きかったっけ・・。
そんなふうに思います。

痛みに耐えているのか、快楽に溺れているのか、
覚束ない思考で、身体の感じる刺激に任せます。
「ご奉仕」なのに、さきほどまでの、
ご主人様の身体を、
ご主人様の反応を、
かわいらしく、いとしく思っていた私とは一変して、
ただご主人様の思うままに責められる、
ご主人様の穴奴隷になっていました。

ご主人様の肉、
ご主人様の穴。
ご主人様に繋がった瞬間、
ご主人様の身体へ「戻った」、帰属した、「繋がった」、
そんな安心感のような恍惚とした一瞬があったあと、
絶え間なく続く責めに身体をよじり、
声をあげつづけます。

私の意思でご主人様を悦ばせるのは難しく、
ただ、思うままに遣われる穴になっていました。

ずんずんと、奥まで突き上げるご主人様に、
悲鳴のような悦びの声で応えることしかできませんでした。

ご主人様は、下から突き上げるのに満足すると、
私をベッドに沈めて、ご主人様が上になり、
ご主人様のリズムで、私を貫いては引き、
その動作をくり返しました。
腰をきつく咬まれるように、その指で掴んだまま。

「智薫、どこにほしい?」

私の答えは、ただひとつだけでした。










お越し下さり、ありがとうございます。
たくさんの方に読んでいただくことを通して、ご主人様に悦んで頂きたいです。
1クリックをお願いします。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記31(9) | 逢瀬日記 | 逢瀬日記31(7)>>

この記事のコメント:

そのセリフを口にするのは勇気がいりますね。
自分の生殖器を卑俗な言葉で表現するのは、やっぱり恥ずかしく感じませんでしたか?

でも、智薫さんのご奉仕へのひたむきさが伝わってきました。

美しく、そして恥ずかしい穴奴隷の智薫さん、そんな智薫さんを見守りながら、私も堕ちていきたい…そんな気持ちです。
2012-04-30 Mon 12:50 | URL | 佐知子 #-[ 内容変更]
こんばんは。
ご訪問とコメントをありがとうございます。

恥ずかしさよりも、
本当の気持ちを思わず言ってしまうという感じでしたね。
恥ずかしさは、
隠さずに欲望を伝えることに起因する気持ちで。
やっぱりご主人様の奴隷でいる以上、
ご主人様にわたしの身体で気持ちよく感じていただくことは
いちばんのよろこびですし、
そのように遣ってもらうことで、
ご主人様のものだと感じられる自分の快感でもありました。


佐知子さまの姿も、美しく、また淫らで素敵だと思いながら
ブログを拝見させていただいております。
またお越し下さるのをお待ちしております。

2012-05-01 Tue 23:17 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。