FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記34(5) 犬

ベッドに上げてもらった私は、
おもちゃを「試されました」。
実験道具にされているような気持ち。
おもちゃに飽きたら
ご主人様は、指先でクリトリ/スを擦りはじめました。

「いや。いきたくない。いくのはいや」
私は拒み続けました。
こんなふうにいかされることに、
何の意味もない、
そんなふうに思ったのか、
もしくは、
こころと性感がすごいスピードで乖離していくのが
こわかったのかもしれません。

いつも
ご主人様が私を果てさせるときは、
ご主人様が与える性感に屈する私を笑ったり
からだとこころの支配を感じたり
そういうことがあったように思います。

ただ、反応を見られていました。

ご主人様は、私が達するそのときまで、
ゆっくりと時間をかけて嬲りました。
抵抗感とは別に、いってしまったことを
感じながら、呆然としている私のアナ/ルを、
ディルドで刺激し始めます。
只の肉のおもちゃになった私は
ご主人様のモノであることを感じました。
このからだには、いま、このとき、
私の気持ちの動きなど求められていないんだと思いました。

きまぐれにご主人様は私の口を排尿の為に使いました。
飲み干した私を使って、身体をマッサージさせました。
ご奉仕を許したのではなく、そんなふうに「使い」ました。
ご主人様はそのあいだ、
携帯を手に取り、小さな画面を見つめていました。
マッサージに飽きたら、
足や、アナ/ルを舐めさせて使いました。
選んで・・・愛着を持って弄ぶのではなく、
そこに在るおもちゃを
何気なく手に取るみたいに。
「左も」
そんなふうに、リモートコントローラのボタンを押すみたいにして、
時折、
指示をしながら。

ご主人様の指示通りに這っていた舌は
ぴちゃぴちゃと音をたてながら、ようやく性器の辺りを辿ります。
咥えるようにして、
舌をすぼめながら、しごくようにして舐め上げます。
命令に応えるおもちゃでした。
もちろん
唯一のご主人様にそうさせていただいているから
うれしくないことはないのですが
そういう気持ちを持つことに違和感がありました。
“いま”は、無心のまま、命令に応えること
それだけが重要なことの気がしました。
モノはうれしくならない
モノはかなしくならない
今までと全く違う調教やご主人様の様子に揺れながら
うれしさやかなしさを感じる気持ちは
この空間においては誰のものだろうと朦朧と思いました。
気持ちが乾燥してひび割れ、
パキンと乾いた音と共に、粉々になりそうでした。

舌の動きが何往復もくり返した頃、
ご主人様は喉の奥の方まで、
硬直した性器を押し当てて、
突き、
「いくぞ、出す」、と、
私の口に生温い液体を放出しました。
ご主人様は、
そんなふうに私を使っている間、
ずっと、
手にした携帯の痛差な画面を見つめたままで、
私の名前が呼ばれることはありませんでした。

寒くて仕方在りませんでした。
心が冷えて冷えて仕方ありませんでした。

視られることも、
呼ばれることもなく、
私は選ばれず
欲されることなく
排泄のように、只、ピークを迎えたに過ぎませんでした。

気持ちは淀み、
ご主人様へどのような気持ちを持って良いのか
途方に暮れました。

ひとりの帰り道で、
ご主人様はどのような考えで
今日を過ごされたのか、思い巡らしました。
ここにはいない人物や情報を求めながら
排泄のように射精された感じを思い出しました。
勿論
射精をしてもしなくても
奉仕を許すも許さないも
どんな気分で調教や性処理をするかも
ご主人様次第のことですし
私が何かを言うべきことではないと思いますが
「私」は悲しかったんだと改めて思いました。
なにかや誰かの代わりになるのは嫌だったんだと思いました。

ご主人様のお時間をいただいて
それを愉しいものにして差し上げられなかったのなら
ごめんなさい。
本日はお呼び頂き
ありがとうございました。








お越し下さり、ありがとうございます。
1クリックをお願いします。







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 逢瀬日記31~ | コメント:4 | ∧top | under∨
<<あるじのことば | 逢瀬日記 | 逢瀬日記34(4) 犬>>

この記事のコメント:

うまくは言えませんが……

以前、お書きになっていらした、調教のプランに基づいて、
智薫さまの自我を壊すために、ご主人様が行ったことと考えますと、
今回のご調教……智薫さまにとって、ご主人様にとって、
どうだったのかな、と……思います。

ろくに経験もない者が、生意気言って申し訳ありませんけれども。
かなしくなった気持ちを、なにかに昇華できなければ、
今後またおつらくなってしまうのではないかと。

ともあれ陰ながら応援しております。
ひとつずつひとつずつ進んでゆかれますように。
2012-05-30 Wed 16:43 | URL | まな #o7EPQLF6[ 内容変更]
初めてコメントします。
読ませていただいて、非常に虚しい気持ちになってしまいました。ご主人様は何か明確な意志を持った上で行動されていたのかもしれませんね…。ただ、でも…申し訳ありませんが冷たさしか感じられません。そこまでしないと得られない主従関係って何なのでしょうか…まだまだ素人の私にはわかりかねる領域なのでしょうか
2012-05-30 Wed 21:22 | URL | 朱亜 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

気持ち
・・・、
すぐには分からないものや
感じてもそう感じたと気づかないこと
たくさんあるように思います。
お気遣いと応援、ありがとうございます。

2012-05-31 Thu 23:38 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
朱亜さま、はじめまして。
智薫と申します。
コメントありがとうございます。

お越しいただいたのに、
虚しい気持ちにさせてしまって、申し訳ありませんでした。
2012-05-31 Thu 23:40 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。