FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

メールの意味

私は、
毎朝、
ご主人様に向けて、
ご挨拶のメールを送ることを
赦していただいています。

・・・はじめは、
毎日、送りなさいと命じられたものだったように
記憶していますが、
このごろは、
はじめのころに感じた
「義務」ではなく、
「許可」のような
気持ちになりました。

送っても良い、
伝えて良い、
赦してもらっている、
そういう気持ちになりました。

特に必要がなければ、
このご挨拶に限らず、
ご主人様から返信はありません。
けれど、
返信を求めて書くわけではありません。
伝えるために書く

ただ、それだけです。



最近になって思うのは、
そうして、
書いて送ることで、
私の考えや思っていること
感じていることを
伝える機会を与えてもらっているんだ
ということです。
「命令」として、そうでもさせないと、
伝わっていないことが多かったのかと思いました。
私は思っていても、考えていても、
それをご主人様に伝えるための努力のしかたを
知らなかったということだと思いました。
言わずに留めておくことがとても多かったんだと思いました。

日常でもそうかもしれない。
余計な誤解や対立を生みたくなくて
思っても言わないことは沢山あります。
私は言っていいことかそうでないかを判断するのに
時間がかかるタイプなのかもしれません。
いままで・・・、
ご主人様との対話のなかで、
すごく自分では言いにくかったけれど、
言ってみてよかった、
伝わった、という経験を何度もいただきました。
通じ合うのってすごく難しい。
本当に難しい。
そういうところも含めて
見ていてくださっているんだと感じます。

このまえ、的を射ないメールを送って
叱られたことがありました。
なんのための報告か
よく考えなさいと叱られました。

それで・・・、
毎日のメールの目的は、
奴隷意識を切らないために行う
毎日のメールの内容は
奴隷の状況を正確に報告する
ことだと、
意識をただしていただきました。

毎日、言葉でご主人様へ
気持ちを伝えることで
ご主人様を確かに感じることが出来ます。

メール自体は、
おはようございます、とか、
今日もよい一日でありますように、とか、
他愛ないものですが、
それを伝えることに
意味を感じ始めました。

ありがとうございます。ご主人様。
今日もよい一日を過ごされていますように。










ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:8 | ∧top | under∨
<<なれ合いと癒やしは相反するか | 逢瀬日記 | 36度目の逢瀬のあとの話>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-07-17 Tue 15:19 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-07-17 Tue 15:26 | | #[ 内容変更]
なんだか、こういうお話を読むと勝手にホッとしちゃいます。

智薫さんはご自身を客観的に見られる人だと思うし、同時進行でブログをアップされていないとお聞きしたことあるので、その分は差し引いて読んでいるつもりなんですが、どうしても『逢瀬日記』が中心となると智薫さんの日常のご主人様との心の繋がりのようなものが見えにくいように感じます(あくまで、わたしは、です^^)

智薫さん自身、人格無視の奴隷を希望しているわけではないようなので、やはり心の繋がりのようなものが見えると、ホッとしちゃうのです^^

いつもの、勝手な『智薫さん像』の推測しちゃうけど(笑)
もしかしたら、ご主人様より智薫さんのほうが『ご主人様と奴隷とは』というものに縛られているのかなって想像しました。
だから、こういう心の繋がりも自由に書かれているのは、読者としては安心します(笑)

わたしたちの間で、わたしの排泄行為を見せることは『許容されている』と感じるものでして、行為は何にしても、許されていると感じられることは、不思議とまたしたいと思わせてくれますよね^^
2012-07-17 Tue 19:09 | URL | りん子 #C/VgCf6Q[ 内容変更]
また、お邪魔します。
失礼ですが、智薫さんと私は似ているのかなぁと、思います。今回のメールのこととか。私も『おはようございます・休憩です・仕事終わりました』など、課せられた調教報告以外のメールを送らせていただいています。ご主人様から、一言お返事をいただくと、それだけで嬉しくて。でも、こんなメールをうるさく感じられているのでは、という思いはいつもあります。しかし、私もなかなか自分の思いを伝えられず、変な思い込みだけを発信して怒られてばかりなので、ご主人様に止められないなら、メールを送ってもいいということ、と思うようにしています。今回のエントリーを読んで、送ることを赦していただいていること、また実感して、ご主人様に守られていることを感じました。智薫さんには、いつもご主人様の大切さを気付かさせていただいています。ありがとうございます。
2012-07-19 Thu 05:01 | URL | ティー #C2qZJVa.[ 内容変更]
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうなんです。
心配していました。
色色をここで言うことではないので控えますが
どうされているか、気持ちを寄せていました。
また言葉を交わせてうれしいです。
ありがとうございます。
こちらには、何も連絡はありませんでしたよ。
私も、お話できることを楽しみにしています。


2012-07-22 Sun 22:58 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
勿論です。
2012-07-22 Sun 22:59 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
りん子さん、こんばんは。
ご訪問とコメントをありがとうございます。

時期的に辛いことが続いたので、
読んでくださるかたにも
重~い、私のどんよりを伝えるのは
申し訳ないなと思いつつも、
「逢瀬日記」では、
キラキラしたところ以外のところも
大切にして、
きちんと書いて残しておいたり
自分で、出来事を振り返りたいという
気持ちが強かったので、
思ったそのままを書かせていただいていました。

> 智薫さんはご自身を客観的に見られる人だと思うし、
同時進行でブログをアップされていないとお聞きしたことあるので、
その分は差し引いて読んでいるつもりなんですが、
どうしても『逢瀬日記』が中心となると智薫さんの
日常のご主人様との心の繋がりのようなものが見えにくいように感じます
(あくまで、わたしは、です^^)

うーん・・・、自分を客観視するのって
本当に難しいですよね。
当面の私の目標です。
だからりん子さんに、そういうふうに
言っていただけて、うれしいです。
ものごとの持つ意味、その見方の色色さに
気づくまでに、悩むほうなので・・・
そういう“修行”も込めたタイムラグです・・・。
うけとめかた、うけとめた様子の示し方って本当に難しい。
ちゃんと示せたかも怪しいときがありますし。

> 智薫さん自身、人格無視の奴隷を希望しているわけではないようなので、
やはり心の繋がりのようなものが見えると、ホッとしちゃうのです^^

ありがとうございます。
その通りです。

> もしかしたら、ご主人様より智薫さんのほうが
『ご主人様と奴隷とは』というものに縛られているのかなって想像しました。
だから、こういう心の繋がりも自由に書かれているのは、
読者としては安心します(笑)

このブログを始めた、ずっと前の頃、
ご主人様に、りん子さんと同様の指摘をされたことがあります。
「智薫はきちんと読者を見ることができていない、
智薫が大切にしているものは、
智薫にとって当然のことだから、
省略している傾向があるように思う、
それでは重要なことが伝わらないことがある」と。
そして、同様の指摘を最近も受けました。
そのときの指摘を、いままた、読み返してみて、
ご主人様はこんなにも「見えて」いたんだ・・、と、
気持ちがいっぱいになりました。

言ってくださってありがとうございます。
私は・・・、
心の繋がりをすごく、切望しながら、
それを表面化するのは
いけないことだって
自分でそう
勝手に
思っているように感じます。
「なぜそうなのか?」はわからない・・・。
自制したいからかもしれない。
コントロールできないものに対して
恐怖心が強いのかもしれない・・・。
それとも、
ご主人様に、
「ご主人様のことを大切に想っている私」を
見られるのがこわいのかもしれない。
「なぜそうなのか?」は、
それがご主人様にとって余計なものになる可能性が
こわいからかもしれない・・・。
最近になって、やっと、
自分の言葉で、
ご主人様に対して、
ご主人様を大切に想っている、
私はご主人様の奴隷にしてもらったことを
うれしく思っていると、言うことが出来ました。
すごく時間がかかった・・・。
ご主人様は、そう、と、
否定も肯定もせず、
背中を向けておっしゃっただけでしたが、
「伝えることが私にも出来るんだ・・」と、
心からなにかが溢れそうでした。
りん子さんへの返信を書いていて、
そのときのことを思い出しました。
そして今書きながら泣いてしまいました(笑)。
悲しみでも、悦びでもない、涙。
いま、きっとなにかが溢れているのでしょう。

自分から見えない自分を見るのは
すこしこわくて勇気が要りそうです。
りん子さんのメッセージは、
いつも、そうやってちらっと見る機会をくださるから
すごく、響きます。

>わたしたちの間で、
わたしの排泄行為を見せることは『許容されている』と感じるものでして、
行為は何にしても、許されていると感じられることは、
不思議とまたしたいと思わせてくれますよね^^

りん子さんのブログへおじゃまするたび、
「培ってきたもの」を、感じます。
少しずつ、少しずつを重ねて、
すごく遠くまで行けるようになった関係って
とても素敵です
独自の、関係、
そこにしかないものへの価値、
代替不可、
そういうものにとても惹かれます。
そうなるには私も成長しなくては・・・。
と思います。
ありがとうございました。
2012-07-22 Sun 23:54 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
ティーさま、こんばんは。
はじめまして。
逢瀬日記にお越し下さり、ありがとうございます。

ティーさまにもご主人様がいらっしゃるのですね。

> 失礼ですが、智薫さんと私は似ているのかなぁと、思います。

そうなのですね。
そうしたら、私のなかにも、ティーさまと
とても似ているところがあるのかもしれませんね。

>私もなかなか自分の思いを伝えられず、
変な思い込みだけを発信して怒られてばかりなので、

すごく思い当たるところが・・・ああっ・・・(苦笑)
自分の失敗や、過去の恥ずかしい気持ちを思い出すのは
本当に・・・もどかしくもんどりうつ感じです(笑)
しかも、ふっと自然に思い出されますしね。
何とかならないかな(笑)

言葉だけでは足りないけれど、
気持ちを伝える意思を行動で示すことが
大切だと知りました。
おふたりを存じ上げないので、
余りなことは言えませんが、
伝えようとする行動を、
ティーさまの主さまは、見ておられるのかもしれないですよね。

>今回のエントリーを読んで、送ることを赦していただいていること、
また実感して、ご主人様に守られていることを感じました。
智薫さんには、いつもご主人様の大切さを気付かさせていただいています。
ありがとうございます。

こちらこそ、お言葉をくださり、ありがとうございます。
またティーさまのお話を聞かせていただけたらうれしいです。
私は・・・、ご主人様に気持ちや行動、学びをいただいていることに
慣れないことが大事だと日々感じています。
お互いがお互いの視点で大切にしあえる関係を
築けたら素敵ですよね。
ありがとうございました。

2012-07-23 Mon 00:09 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。