FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記42(1)

「はい」と答えていました。
仕事でどうしても、というのでなければ、
ご主人様に呼んでいただいて、行かない理由がないから。

ご主人様のおもちゃにしていただくことを望んでいました。
ご主人様は前日に予定をくださり、
私は準備をして家を出ることができました。


ご主人様にお呼ばれするまでは
充分に余裕があったので、
ゆっくりとひとりの時間を過ごしました。
ご主人様をお待ちする時間も私は好きです。
いつもバッグには本が何冊か入っていて、
ご主人様と関連づけて登場人物を見たり、
もしくはノートに書き物をしたり、
そんなふうに過ごします。


ご主人様からの着信を受けて、
ご主人様のいらっしゃる場所へ向かいました。

見知らぬ土地でも、
ご主人様は、私の知っているご主人様で、

こんな場所で、
“待ち合わせていた”とはいえ、
お逢いできることに、
私は感動を覚えました。

私の、ご主人様が、いる・・・。


ご主人様を目にしたとき、

そう思いました。



それがとても不思議なことで、
かえがたいことのように思われました。

ご主人様は、私を連れて、一緒に夕食をとって下さいました。
ご主人様は、お食事中、
特に何を話されるでも無く、
私のしょうもない色色なお話につきあってくださっている様子でした。
お疲れだったのかな?と思います。
とにかく、私は、初めての土地を
ご主人様と過ごせている時間に
昂揚していました。

緊張していました。

興奮していました。

「いま」過ごしている時間が、私の「初めて」なんだと思っていました。
ご主人様と生きている時間が、
とても、とても、楽しかったのです。







ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

別窓 | 逢瀬日記41~ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記42(2) | 逢瀬日記 | “私の”ご主人様との、話。>>

この記事のコメント:

「いま」過ごしている時間が、私の「初めて」って、まさにその通りで素敵な感覚ですね。
特に、ご主人さまとお会いするときは、何回目でも、初めての感覚ですよね。むしろ、馴れ合いからどんどん離れて行くような気がします。
2012-12-15 Sat 19:25 | URL | 奈々 #-[ 内容変更]
こんばんは。
お越しくださり、コメントもありがとうございます。

そう、不思議なことにそう思うんですよね。
たくさんのことを伝えていただいて、
香りや肌、いろいろを感じた記憶があるはずなのに、
もう一度触れて思い出すまでは
いつも「初めて」の感じがします。

>むしろ、馴れ合いからどんどん離れて行くような気がします。

その通りです。
そして、その感覚こそがとても大切なものだと
感じています。
ご主人様も、きっとそうおっしゃるような気がします。
そう感じられるあいだは、
私はきちんとご主人様の奴隷として存在できていると思うのです。

2012-12-15 Sat 22:32 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。