FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

詳細

こちらで、謹慎とだけ書き付けて、
お越しくださっているかたに
詳細をお伝えしていなかったので、
少し書いておきます。


年末に、ご主人様からお呼び出しがありました。
私は、他のスケジュールのなかにいたのですが、
なんとか調整したら、「いける」と思って、
出向くことが可能だとお伝えしました。
この時点で、正確には何時から可能か
はっきりお伝えできなかったので、
曖昧なお約束をしてしまいました。
その時点の私の詳しい状況もお伝えできていませんでした。
また、ご主人様のメールに対しても、
うまく内容がかみあっておらず、
メールの文面自体も、丁寧さに欠けていました。

そして、その予定の時刻。
交通渋滞で、お伝えした時間よりも遅くなってしまいました。
明らかに遅れてしまうと知ったとき、
そのときにすぐ、その状況を
お伝えできませんでした。

私が言った時間から、約10分間、
ご主人様をお待たせすることになってしまいました。


いくつものことが重なりました。
ご主人様に対する配慮のなさ、
自己中心的な思考や行動、
情報をそのまま伝えないことに対し、
ご主人様はお怒りになり、罰を与えられることになりました。

ご主人様をお待たせすることが初めてのことで、
遅刻が自分のなかで明確になったとき、
ご主人様にお逢いするのがこわくて堪りませんでした。
なにも考えられなくなってしまいました。

勿論、
「ご主人様をお待たせしたこと」が、
罰の対象なのではなく、
それがご主人様に納得のいく形で
「伝えられなかったこと」が、
「伝える」こと、「伝えかた」に対する
私の配慮の無さが、
罰の対象です。


私は、ご主人様に、気分転換やリラックスできる時間を
提供したくて出向いたのに、
結局、私がストレスの元・・・になってしまったことに
心が痛くて堪りませんでした。

さらに、帰宅後ご主人様に宛てたメールが、
いっそうその怒りを鋭いものに変えました。







ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:6 | ∧top | under∨
<<怒らせた話。 | 逢瀬日記 | あたらしい年に>>

この記事のコメント:

はじめまして、こんにちは。
時々覗かさせていただいておりましたが、初めてコメントいたします。

率直に、良いように使われているだけにしか見えず、しかも罰が理解不能・・
主従??恋人よりも酷い扱いじゃないですか?

私は主従で、結婚の予定です。
生涯奴隷として、生涯主従として、幸せな道を歩んでいると思います。
心底幸せと思える日々が来ることを祈っております。
2013-01-03 Thu 12:25 | URL | #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-03 Thu 20:01 | | #[ 内容変更]
ご訪問とコメント、ありがとうございます。

関係性って面白いですよね。
体感できる力学です。物理学です。
私が本気で口論したいのってご主人様だけです(笑)

私自身、うだうだ思うこともあるけれど、
一方では、ご主人様の決定を、
自分の機会として有り難く受け止めている面もあります。
もっと、良くなる為に。


ご主人様は、どうやらこのブログもしっかり管理されているようなので
迂闊なことも言えませんが(内緒話)
だって・・・、きっと私が何を言うか見ておられるのだもの。


だけども、貴方さまが、こうして、
私の書いたブログに、お言葉をくださることを、
本当に嬉しく思っています。
ありがとうございます。
2013-01-04 Fri 00:23 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
お久しぶりです^^

『なぜ、そんな理不尽なことを』と何度も疑問に思うけど、わたしには理解できないのだけど、きっと、普通の人間関係ではあり得ない理不尽さや厳しさを智薫さん自身が求めているのだろうと想像して最近は疑問を収めています。

善し悪しや好みは置いといて(笑)
わたしが疑問を収められるのは、きっと『智薫さんが自分で選んでいる』と感じられるからです。
わたしはかつて不安を埋めるために『奴隷』になるという何かの代替えでその立場を選ぶことを経験しているので、智薫さんが自分で選んでいる違いが感じられるのかなって思います。

善し悪しや好みは置いといて(笑)
智薫さんの納得のいくまでご自分で選んでいかれたらいいと思います。
ただ、何かの代替えに『奴隷』になっていると感じられたら、どうか、冷静に立ち止まってくれるといいなと願います^^




2013-01-04 Fri 18:26 | URL | りん子 #C/VgCf6Q[ 内容変更]
はじめまして。こんにちは。
ご訪問とコメントをありがとうございます。

> 率直に、良いように使われているだけにしか見えず、しかも罰が理解不能・・
> 主従??恋人よりも酷い扱いじゃないですか?

まず、私に関しましては、
主従や恋人、その関係において、
どちらが上、下とはみていないことをお伝えしておきます。
罰の内容への理解、
それも今回の罰に含まれる内容だと理解しています。
私の伝えかたが不十分で、
どうしても言葉に代えようとすると、
表面的な事実だけになってしまいます。
それを見て、どう思うか、どう感じるかは、
ここに来てくださっているかたの自由なので、
私自身の考えや見方を押しつけることは致しません。
ただ、私はいま、この場所に居て、
こういうことを考えていると、私自身の整理をして、
それが、どなたかの何かに響くものであればと
思いながら書いているブログです。

> 私は主従で、結婚の予定です。
> 生涯奴隷として、生涯主従として、幸せな道を歩んでいると思います。
> 心底幸せと思える日々が来ることを祈っております。

ご結婚の予定、おめでとうございます。
とても素敵なことと思います。


2013-01-04 Fri 22:10 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
こんばんは。
おひさしぶりです。
りん子さんとお話しできてうれしいです。
ご訪問とコメントをありがとうございます。

りん子さんの言葉は、いつも、りん子さんらしさとともに在って、
それがとても素敵だなあと思うのです。
いちばん尊敬しているところです。
私も私の言語を持ちたいです。
いつも、意図しない方向から本気の意見や、疑問をくださるので、
私も真剣に、自分の中に答えを探す経験が出来るので、
カロリーを消費すると共に、その機会を与えてくださることに
とても感謝しています。
ありがとうございます。

提示された「疑問の収めかた」、が、その通りかと思われます。
「おそらく」のような書き方なのは、検証途中だからです。

M嗜好のかたが鞭の刺激を好ましいと思うのと同じなのかも知れませんね。
鞭に対して、もしくは遣い手に対して何の感情もないなら、
「だって痛いじゃない、何が気持ちいいの?」
と、その嗜好に対して大多数のかたは理解不能だと思います。
それでいいのです。
わかったとして何かに優越する類のものでなくて、
ただたんに、それを選んで経験した結果、なんだか好きというものだと思います。

その嗜好は、例えば靴に対してかも知れない、縄かもしれない、
女装だったり、野外での性交かもしれない。
誰かの自由を侵害しないのであれば、
どういう嗜好を持ってもいいと思うのです。
こういう人もいますよ、って、私は書いています(笑)
苦しいときは苦しいけれど、
私はその苦しさを隠さないようにします。
それが、いまの私に出来る表現だから・・・というと大げさ(笑)
私も、りん子さんのように、
「善し悪しや好みは置いといて」、と、
自分と異質さを大きく感じるものとの出会いのときに
形式上ではなく、心から相手の価値観に向き合ってみられるような人間に
なれたらいいなと思います。

私は私自身を理解したいと感じ、
それと同じかそれ以上にご主人様を理解してみたいと思います。
ご主人様を受け入れ、ご主人様を私のすべてで感じてみたいと思います。
感じたものを、ご奉仕というかたちで返してみたいと思っています。
ご主人様の考え、行動を推し量ったり、経験してみると、
一瞬、空が晴れて、景色が見渡せるような瞬間があるのです。
それを、何度も視てみたいのです。
剝きだしの気持ちどうしの交わりは、
いままでに知らない絶頂を与えます。
それは、ご主人様との間にしか存在を認めたことがない感情で、
そういう性癖なのかもしれません。
ご主人様は「折り合いをつける」を選ばないところが、
本当にすごいと思います。
私に対しては妥協を許しません。
それは本当にすごいことだと思います。
赦さない態度は、赦すの先にあるものです。
主だから当然、と、言われてしまいそうですが^^

2013-01-04 Fri 22:53 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。