FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

怒らせた話。

さて。私がご主人様を怒らせた(いからせた)
メールのお話。

それが少し過去のこととなった今では、
いろいろ思い出しづらいことではあるけれど、
頑張って書きます。

私の問い)
謹慎というお仕置きは、
それそのものが「罰」を指すのならば、
今までずっと「褒美」として会ってきたことになるから、
私のこれまでの意味を失ってしまう。
私は、ご主人様に、
「会いたい」と思わなければ、
今回の罰を受けるに至らなかった。
私の気持ちの在り方自体が間違えたのか?

ご主人様の答え:要約)
~しなければ、というのは、たんなる思考停止に過ぎない。
会いたいとか会いたくないとか低次元の恋愛の話にすり替えるのは不愉快。
言われたことはきちんと守りなさい

私はここで、かなり感情的になってしまっていたので、
ご主人様の理論が、 私の心をいっそう
粉々にうち砕きました。
ショックを受けたときは、
それをどう捉えて扱ったら良いか
すぐにはわからないものです。

もがきたくて、あがきたくて、
いろいろ言葉を尽くしたように思います。
ちょっとでも、なにか、伝わって欲しいと祈りました。

ただ、そのたび返ってくる
ご主人様からのひとことひとことは、
「刺さる」という以外、
表現しようがありません。
ご主人様の言葉は
私に深く留まり、
奥へ、奥へ、刺さり続けました。
私は、ご主人様の心に届く理論を
なにひとつ所有しておらず、
俯くしかありませんでした。

行動や事実に対して、
心情を持ち出すのは、
その追求への回避という点で、
卑怯にも思われることが可能性としてあるということを
学習しました。
選ぶ行動は、
それでいい結果を得たという経験知が左右することが
多いのだと思います。
だから、
そのときのその行動は、きっと、
私が、いままで何度も経験してきたことだったのだと思います。








ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:4 | ∧top | under∨
<<罰の受け入れ / 変化の経緯 | 逢瀬日記 | 詳細>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-05 Sat 09:06 | | #[ 内容変更]
こんにちは。
お久しぶりです。
ご訪問とコメントを、ありがとうございます。

すべての原因は私にあります。
それを受け止めて、
考える機会にしたいと思っています。

だから今回の罰はご主人様の理不尽ではありません。
そして、甘えとは遠いところにあるものです。
それがわかるように表現できていない私側の問題だと思います。
至らないところが多く、申し訳ありません。

2013-01-05 Sat 16:00 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-01-07 Mon 00:45 | | #[ 内容変更]
またお越しくださってうれしいです。
ありがとうございます。

いえ、とんでもありません。
うれしいです。
2013-01-07 Mon 18:35 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。