FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

露出・・・(2)

自分のなかの常識的範囲が
許容する中での
ご奉仕を
させていただいていたと
思います。

露出の課題において、
ご主人様が
望まれるのは、

「自主的に」

ということでした。

私が、その方面への性的嗜好がないと
理解されていたうえでの課題でした。

ですから、
しようと思うとき、
しているときは、
ご主人様へのご報告だけを目的として
しています。
それがよい/わるいではなく、
ただ私にとってはそういうものです
自主課題のオナ/ニーなどは、
途中で自分の性的欲求を感じたりしますけれども・・。

その、苦手なこと、
いいと感じないこと、
自分のなかのモラルが咎めること
を、
「ご主人様へ」という口実をいただいて
普段ならしようとは思わないことを
しているとき、
「ご主人様へのご報告」
「ご主人様に向けての行為」ということを
強く意識します。

そして、ひとつ何かが出来たら、
ここでも、
ああ、こういう場所でも・・・
こんなことができるかもしれない・・・と、
日常場面を見る目が明らかに歪んできます(笑)
日常場面で、
社会的に振る舞いながら
ご主人様の奴隷であることを強く意識します。
それは、今まで避けてきたことでした。
ご主人様の奴隷であることを意識しながら
日常の場面にいることは
いけないことだと思っていたから。
その認識に対して、叱られたことも今まで何度かありました。

罪悪感と、緊張と、不安、
ファインダという枠に切り取られる忠誠、
ご主人様に向けた行為が
私を拘束する瞬間、
シャッターを押す瞬間。







ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

別窓 | 奴隷的自主練習 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<ふたりのわたし | 逢瀬日記 | 露出・・・>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。