FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記47

確か、生春巻きを買いました。
ご主人様の飲み物のおともに。
この時間、小腹が空いているのではないかと思って。

用意したものを、
召し上がっていただくのは
うれしいことです。
出来れば、手をかけてお作りしたものを
召し上がっていただきたいとも思いますが

この日は、お持ちした各種お道具から、
ご主人様が手に取られたのは、
鞭のみでした。

ご挨拶をして、
赤い首輪を巻いていただき、
跪く私の
白いおしりに、
なんども鞭を降らせました。
私は、ひたすらそれを受けました。
じんとする痛み、
鋭い痛み、
鈍い痛み、
あとをひく痛み、
少しの場所が違うだけで
痛みの種類が変わります。
そんなふうに、
何度も、何度も、
刻まれます。

よつばいのままの私に腰を振らせて、
その双丘の片方に、ご主人様は踏み台のごとく片足を乗せ
踏みにじりながら
鞭を翻します。

おしりが赤みを増す頃に、
私を膝立ちにさせ、
くちびるに、性器を宛がい、
そのまま、私の口に放尿をはじめました。

充分に水分で希釈されたおしっこは、
量が豊富で、思わずむせそうになります。
こんなに、出るの・・・・
というほどの量を
喉をならしてのみくだしていきました。
「ちゃんと飲めたな」と笑っていただき、
そのまま、私を踏みおろして
床に伏せさせ、足を口元にやります。
言葉なく指示されるまま、
ご主人様のあしを舐めます。
そのまま、下肢、大腿、腹部、胸元・・・・
満遍なくご奉仕したのち、
舌は性器に辿り着きます。
もうそこは、
血液で満たされていて、
すごい硬度を保っています。
今も、こうして思い出しつつ
日記を綴るだけで、
口の中がいっぱいの唾液で満たされていきます。
その、唾液でじゅるじゅると湿った
口の中に、頬の内側の厚い肉のなかに、
ご主人様を迎え入れます。
口をすぼめて、
あたたかな肉で包んで
頭を上下に打ち振るわせ
唾液にまみれさせながら
あたかも・・・性器のような口でご主人様にご奉仕します。
それを繰り返すだけで、
私の奥の方も
口の中と同じように、湿って
いつでも使っていただけるような
肉の状態になっていくのです。

ご主人様は、口から反り立った性器を引き抜いて、
予兆無く私のおまん/こに、後ろから、一気に突き立てました。
あまりの快感に、
悲鳴のような声でわなないて仕舞います。
すぐに歓喜の声に変わります。
うれしくてしかたなくて、
身体も心も、ずっとこの瞬間を待っていたのだと思います。
ズンと衝かれる度に、
あふれて、溶けそうになります。
後背位の姿勢から、
ご主人様は体勢を変えられ、
対面座位のかたちになります。
私の胸と、ご主人様の胸が触れて、
私のなかで
密着した性器を感じながら、
たまらなくなります。
からだのなかとそとで
これほど近づきながら
どのようにしても近づけない個を感じて
たまらなくなります。
私は私の身体を越えることが出来ず、
また、ご主人様とて同じなのです。
私はご主人様の快感を
以前よりずっと私のものとして
感じられるようになったけれど
ご主人様の快感と同じものを知ることは出来ないのです。
ただ、祈るように
ご主人様に快感がもたらされるように
私の持っているものでご奉仕するだけです。
その知り得ないものがあるからこそ
もっと、もっとと求め、捧げることができるのかも しれません。
私によって、ご主人様に気持ち良くなってほしいのです。
ご主人様の、その、くぐもった、快感から漏らす声を、
もっと聞かせていただきたいのです。
ご主人様に気持ち良くなって欲しいという想いが
私のなかの主従の源泉にあるんだと感じます。

ご主人様は、そのまま、私のなかに
怒張させた性器から、ザーメンを放出してくださいました。
どくんどくんという拍動が、はっきりと分かります。

今日もまた、こんなふうに、ご主人様の性の対象でありえたことを
うれしく思います。
受け止めることの出来た女の身体である自分を
いとしく思います。

そのあと、しばらく、ご主人様の身体をマッサージする
静かな時間をくださいました。
こんなふうにして過ごすのが心地良いです。
言葉以上に肌と肌が話している

本日は、智薫をお呼び下さり、ありがとうございました。







ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 逢瀬日記41~ | コメント:0 | ∧top | under∨
<<まつり | 逢瀬日記 | よく ばり>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。