FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

豚の謎

注:このエントリは
特定の個人について書いているものではありません。




SMや主従やカップリングの世界は、
それぞれであり、
他に迷惑を及ぼさない限りにおいて
正しいも正しくないも
よいもわるいも
ないと思っているので
口をさしはさみません

常々
少し
疑問を感じていたこと・・・
を、書きます。

よく、
Mを豚と罵り、
鼻を鳴らせたり、
名乗らせたりする描写を見かけます。
「~は淫乱なメス豚ですぅう」、や、
「この豚が」、など。

豚・・・

もはや愛玩用でもない家畜という意味?

豚とののしることで、
その相手の地位を引き下げ、貶め、
相対的に自分を上げることになる設定か?

シチュエーション的には、
自らそう名乗らせたり、
輪姦させている場面や、調教の成果を第三者に見せている場面で
使われていそう。(イメージ)

M、や、従者は、そう罵られることで
本心から拒否感、拒絶感に苦しむかも知れないし、
貶められることで、快感を感じるかもしれません。

ああ、豚なんだ、所詮豚なんだ、
淫乱な私を見てください、ブヒブヒ、みたいな陶酔が
在るのかも知れません。

なぜ豚なんでしょう・・・。
雑食だから?(→性器なら誰のでも良いという雑食性の揶揄?)
太いという体型の揶揄?
汚いところにいるというイメージから?

私が謎として気になるのは・・・・
それを貶めて、楽しむ側のことです。
豚と罵る対象に対する情のありかた。
それも個々の関係で幅広く相違があるのでしょうが、
豚、と罵った相手を性的奉仕に使うのは
獣姦ではあるまいか、
罵ったそこの貴方、
「卑しい豚」でイってしまう人間様もどうかと・・・的感慨
もしくは
おまえは雌豚なんだから、それでいい、
という許容の愛による呼称バージョンもあるのか・・・
豚の謎は奥深い


エゴイズムを躊躇わず表出すると、
私個人では、
豚が、と罵られたら、
・・・
・・・
豚ではありません・・・。と言ってしまうかもしれないです。
ご主人様が豚に寵愛を注いでくれるなら豚でもいいけど
でもやっぱり豚は嫌・・・。
ポークは嫌ぶひ。

犬プレイもありますが、
豚は嫌で犬はいい理由は、
愛玩されるかされないか、かと思います。
この雌豚!(よしよし)なんて、想像できないし、
やはり罵りの言葉なのでしょうか。
犬になって大好きなご主人様にご奉仕したり
こころから啼いたりはできても、
柵の中で卸されるのを待ってるだけの豚は嫌・・・。

私は従者としてご主人様の豚ではなく
ご主人様の犬であることに
よろこびとしあわせを感じます。

ご主人様だけを見させてくれる飼い主に
よろこんでしっぽを振っています。








ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 私語 | コメント:6 | ∧top | under∨
<<あし首 | 逢瀬日記 | 二重写しの彼女>>

この記事のコメント:

こんにちは♪

このエントリーが智薫さん個人の見解であるように、私が書くことも私の個人的見解なのですが…

私はいま、雌豚と呼ばれたいと思っていますが、以前は抵抗がありました。
やはり、愛玩されたい気持ちを満たされるのは、犬だと思います。
大事な首輪へのこだわりもありました。豚に首輪はしませんものね^^;

けど、自分が貪るように快感を欲する姿を動画などで見るにつけ、「これは犬などというかわいいものではない」という認識に至りました。

豚のイメージも様々だと思います。実際には清潔好きで神経質な生き物であるとも聞きますし。

まあ…犬でも豚でも。
愛しい方が呼びたいように呼んでいただける存在でいることが、奴隷の役目かな…と思います。
2013-07-31 Wed 15:40 | URL | KIRA #u1g236YY[ 内容変更]
とても興味深く読ませていただきました。
私も個人的には豚と呼ばれたら悲しいかな。
どうしても今置かれている状態を、
聞いてしまうのが大半の女性のイケナイ癖かなと思っていますが、
『私はどんな存在ですか?』
『奴隷でしょ?そして私は飼い主です。』
それ以上でもそれ以下でもない、
ご主人様が呼んでよかったとご満足いただけるような、そんな奴隷でいたいです。
でも、きっと尻尾が生えていたら、
思いっ切り振りまくっていると思います。
(笑)
2013-08-01 Thu 00:14 | URL | あい #nL6A2.tM[ 内容変更]
こんにちは♪

逢瀬日記へのご訪問とコメントをありがとうございます。

> 私はいま、雌豚と呼ばれたいと思っていますが、以前は抵抗がありました。

そうなのですね。
関係や時間のなかで変化するものもありますよね。
KIRAさまにお言葉を戴いて、
私は、すごく甘えたがってるんだ、と改めて思いました。

自己認識やセルフイメージもまた、変化するものですね。

豚・・・
自らを豚と呼んで欲しいかたもいれば、
呼んで欲しくないけれどパートナーなら許容するかた、
パートナー以外からもそう罵られたいかた、
罵りでは無く、許容(快感)として受け止めるかた、
いろいろあるのでしょう。
奥深く、いろんなお話を見聞きしたいものです。


> 愛しい方が呼びたいように呼んでいただける存在でいることが、奴隷の役目かな…と思います。
本当に、
その通りですね。

相手あっての・・・というところに、
いつも感謝をもって。

2013-08-01 Thu 01:14 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
あいさま、こんばんは。
逢瀬日記へのご訪問とコメントをありがとうございます。

> 聞いてしまうのが大半の女性のイケナイ癖かなと思っていますが、

まったくその通りですよね(笑)
本当に・・。

> ご主人様が呼んでよかったとご満足いただけるような、そんな奴隷でいたいです。

私も、その気持ちを忘れず、
ご主人様の快感や充足や・・・そういった満ちたものを
捧げられる存在でありたいです。
頑張ります^^

2013-08-01 Thu 01:17 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
こんにちは。
智薫さんが、こういう記事を書かれるのはめずらしいですね! とても興味深く読ませていただきました。
豚。丁度私も、昨日ご主人さまとその論議になって、メチャタイムリーだなと思いました。
豚!と罵られることはないんですけど、『私はなんですか?』と聞いたら、穴、豚、家畜と答えられました(笑)
そしてやはり『豚じゃないです』といってしまいました。そしてあれこれあって、結局犬ということで落ち着きました。
色々なパターンがありますね。
もっと皆さんの意見をきいてみたいものです。
2013-08-01 Thu 17:31 | URL | 奈々 #-[ 内容変更]
奈々さま、こんにちは。
逢瀬日記へのご訪問とコメントをありがとうございます。

呼び方に、相手へのイメージ、捉え方、関係が
あらわれることってありますよね。
興味深いものです。

2013-08-03 Sat 10:17 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。