FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ご主人様と夏

ある日のご主人様は、
それはそれは
痛ましいほどに
日に灼けておられました。

「できたての日焼け」は、
見るだけでひりひりという擬音がしそうなほどに

それから日を置いて、
その肌は
ゆっくりと
褐色になっていきました。

肌があの日の熱を納得して受け入れたみたいに

もう、ひりひりという擬音は聞こえません。
精悍さが残り
ただただ、
夏の日を生きていたという
時間の経過を
感じさせます。

あの日、真夏の熱を受け入れたご主人様
この日、真夏の熱を受け入れたご主人様

その身体の一貫性、時間の流れがいとおしく
その経過を感じられたことに
よろこびと感謝でいっぱいになるのです。

この夏もご主人様が私のなかにあって
心からうれしいと





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<あの日 | 逢瀬日記 | 読書感想文>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。