FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記48(2)

好きだったブログがいくつか閉じられていて、
あの場所もなくなると思うと寂しい。
いくつも終わりかたを見ると、
自然とその方向に目をやってしまう。
つながっている今を置き去りにしないで
大切な瞬間に心動かされたことを
忘れないで居ようと思う。
悲しくは無く、仕方ないのだと思う。
出会い、発生し、溢れ、こぼれ、味わった。

思い出すのは、あの日、
白のコート、
並んだグラス、
見えないけれど確かに感じたリード、
胸をうつ小雨、
雑踏に浮かび上がる特別な声。

すこしの過去も、随分遠く思えて、
思い出すととても愛しい。

こんな揺れかたをしていることはご主人様は知り得ないところだろう。



48の逢瀬。
夜の入り口には、
ネットカフェで連絡を待っていました。
連絡があり、
同じ部屋に入ります。

軽食を準備し、
脚を伸ばして貰います。

ご主人様の前に跪いて
赤いものを締められ、
所有されることに酔う。

素足がシルクブラウス越しの肉を踏む。
私は、その、圧のかかりかたのなかに
ご主人様の個体としての存在、
重さ、ここにあること、を感じる。
その行為を赦し、認め、よろこぶ自分を感じる。
誰とでもできることではない

私は、事前に撮っておいた自慰の映像のある
カメラをご主人様に差し出します。

ご主人様は、足を舐める私をときどき眺めながら
小さな画面に映る私の痴態を把握する。

ご主人様にお逢いする前、
近くに居た男性が、自慰を始めたのを
見てしまったという話をして、
まあ、私も、こういうの撮っているので
どっちもどっちなんですけどね、と言うと、少し笑った。
笑って貰えると嬉しい。

ご主人様は、もう、ご主人様以外の役を手放して、
私の「ご主人様の奴隷」以外の肩書きを剥いでくれる。
それが気持ちいい。
ご主人様の前での在り方が定まっていて
それが心地良い。

私のショーツを脱がし、
足の指をそこに入れ、
声をおしころして、控えめに喘ぐ様子を観察している。

その途中で、
ご主人様をスマフォに奪われる。
・・・寂しい。
新聞や本は壁だけれど、
携帯やスマフォは窓だ。
ここいいて、ここにあるものを見ているのでは無くて、
どこかにいて、どこか遠くを見ている。
私の知らない場所

ふと思う。
ここにいて、ここにあるものを舐めて、心がどこかにあるのと、
身体はなくて、コトバが届くのと、
どちらが「つながって」いるのか

私にときどき届くコトバは、
こんなふうに、
誰かの奉仕をうけながら紡がれたものかもしれなかった。
そういうことを想起させた。
(そういうのが主にとって「そそる」のかもしれない)

遠いなと思う。
もうここに居る私は重量がないのかなと思う。
それは本当に苦しい思いだったので、後日、
ご主人様に話して、それはそれは煙たがられた(笑)
私は、まだ奴隷でいていいのか、重荷ではないのかと、
何度も聞いてしまったのでした。




ご主人様はすごく特別だった。
特別だと思いたい特別な気持ちが
私にあったから特別だった。

足の指で充分、丹念に嬲ってから
私の液でぬらりと湿った足を
舐めろと眼で命じられる。
なまあたたかい味。

ご主人様は、そのまま、フェラチ/オを赦す。
あのときや、あのときは、本当に、鼓動で満たされていた。
衝動を感じて、何度だって痺れた。
硬くそそり立つ。
匂いたつのは、私のよく知るなまめかしい香り。
いやらしい密林。

「飽きられたのだ」
ふと、そう思う。

片手間なのは嫌だ
そういうことなのだと思う。
片手間に見るのがAVでも、メールボックスでも、
いくときは私で感じて欲しい
そういう

欲を感じる。

深く咥える。
くぐもった音と共に、
奥へ、奥へ
ご主人様は、携帯から少し目を離して、
左手で私の髪を一度だけ軽く撫で、
掴んで、
深く咥え「させる」。
一度、携帯をデスクにおいて、
改めて、両手で側頭部を掴み、
上下に揺する。
快感のための扱いに快感を得る。
こんなふうに全身でおもちゃにして欲しかったんだ。
ご主人様が私に向かう瞬間を感じたい

ただの物理的な刺激なら手で事足りて
なのに呼んで下さるのは
なにかが存在しているからで
そのなにかが主としての義務だというなら
私はそういうのは凄く嫌で
そういう関係は嫌
求められないことにはという意地
私とご主人様のあいだにあるのは
ルチーンじゃない
でも一切連絡が無いのも嫌
というわがままさ加減

わがままか

ザーメンを口にくださった後は、
私はご主人様の身体を揉みほぐす時間をいつくしむ。

私は私を置いていかれているように感じたことに
もう少し鈍感になってみようと思った。








ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | 逢瀬日記41~ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<変わり目 | 逢瀬日記 | 逢瀬日記48(1)>>

この記事のコメント:

少し前から拝見させていただいていました。

SMの世界はその関係性は特殊。
でも、人間の、感情は特殊である必要はないと思う。

携帯を使用されつづけるご主人様に意図はあるのでしょうか。
あるならばそれはなんなのか、ないならばそれはなんなのか。
静かに考えるときなのでしょう

幸せになられますように。
2013-09-05 Thu 14:48 | URL | あや夏 #-[ 内容変更]
はじめまして、こんばんは。
逢瀬日記を書いております智薫と申します。
このたびは、ご訪問とコメントをありがとうございました。

ここに書いたことは割と以前のことで、
今はご主人様と色色お話をしたあとのことなので、
気持ちとしては落ち着いています。

けれども、やはり、
いま、ここにいる自分に
注意を払っていただけないのは
寂しいことに変わりないですね

みていたいひとりになれるように
努力したいと思います。

2013-09-05 Thu 22:56 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。