FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記49(3)

よつばいのまま、
リードで牽かれ、
もといたソファのあたりまで
ぐるりと
歩きます。

手と膝を交互に床に擦り付ける私に向かって、
ご主人様は鞭をふるいます。

パシンと響く音。

気持ちいいと感じる身体。

いたい、きもちいい。
いたい、きもちいい。

甲高い声や、
低く呻く声が
思わず漏れる。

「腰振れ」
その声が、
そう命じて、
私はご主人様が頷くまで、
いやらしく腰を揺らし続けます。

「ご主人様が」「私をみて」「私に向けて」「鞭をおろす」ことが、
きもちいい。

いたい。

このいたみを身体が覚えてくれる。
私の身体がご主人様を覚えてくれる。

ご主人様は、「そのままいくか?」と静かに問い、
私の身体はそれにすぐ、
こたえてしまう。







ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 逢瀬日記41~ | コメント:0 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記49(4) | 逢瀬日記 | 逢瀬日記49(2)>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。