FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

感謝を

ご主人様から届いた言葉を読み返して
じわじわと
感謝の気持ちがあふれてきました。

体調もいまいちだったし、
気持ちもぐらぐらしていて、
そういうとき、
調教時の、
身体感覚の以前との変化で
ちょっと混乱・・・というか、
事態の受け止めができていなかったのですが、
私が受け止めに困っていることを、
ご主人様は、
ご主人様側からの受け止めをしてくださったんだなあって
そう思いました。

それは、いわゆる甘い言葉では決してなかったし、
慰めることも
甘やかすことも
ほのめかしませんでしたが
そこには確かに、
ご主人様しか感じ得ないご主人様の言葉があって、
フラフラしてる私に対して
その場しのぎ的な声かけや、
切り捨てたり、
無視する態度ではなく、
ご主人様の立場のご主人様の考えを
伝えてくださったことに、
私は、ちょっと感動しました。
全然包み込まれてないし
全然耳障りもよくない言葉(笑)ですが、
まぎれもなく、
私に届いたのは、
ご主人様にしか言い得ない、
ご主人様の言葉でした。







でもしばらくはアイマスクは嫌・・・。(笑)

ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | 回想 | コメント:0 | ∧top | under∨
<<長い余韻 | 逢瀬日記 | さらに重ねると>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。