FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記62

お呼び出しいただいたことを
驚きの気持ちで受け取る。

とてもご多忙のところだと思っていたし・・・。

そんななかでも、私に時間をつくってくださったんだ、と思う。

「ご無理しないでください」そんなふうに思わずメールしてしまう。
きっとご多忙でしょうし・・・。
今日の私は意外にも、
呼んでくださった喜びより、身体を案じる気持ちが
少し上回っているようだった。
自分でも不思議に思うけれど。
だってあんなにもお逢いしたいと思っていた自分をよく知っているから。
かえってきた、“大丈夫”という意味のメールに、
その言葉のどこかに、
ご主人様特有の、私に時間を割くという決意のようなやさしさを
私は勝手に感じてしまう。
それがひとつのまことならと望んでしまう。
あいたいといわないひとのあいたいの伝え方なら、と。

時間を、ただ、待つ。
待っているときに感じる夜風が好き。


お逢いする前のご命令で、
下着を剥いでから伺う。
すうすうと、スカートの布地が頼りなく思える。

ようやくご主人様の姿を見とめたころ
2人の時間がはじまる。

何も言葉を交わさないまま、
下着を「きちんと」外してきているか確かめられ、
そこがどんなふうになっているのか・・

喉を遣わせてから、
ご主人様は私を床に押し付け、
そのまま後背位の姿勢で
何度も突き上げました。

粘膜と粘膜の密着
卑猥な音

何もなかったように笑顔で別れる街角

本日は智薫をお呼びいただき、ありがとうございました。






ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
別窓 | 逢瀬日記61~ | コメント:0 | ∧top | under∨
<<昔の私が今を追い越しても | 逢瀬日記 | >>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。