FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

あいしてやまないひとがいる。
私はそのひとのほんの少しの部分しかしらないけれど、
それもまた重要な要素なのかもしれません。
輝いているあのひと、
おなじ人間なのかと思う。
幾人もを照らして
反射した光はまたそのひとを照らす
揺さぶられる。
その振動は、心拍数を上昇させて
おなじときを生きていることを
体温の高まりとともに伝える
そこにいるというだけで
全身に感じる、
圧倒的な情報量にのみこまれる。
ひとがひとを生で感じるのは
なんて重みのあることなんだろう。
涙が流れる。
いとしい。
うれしい。
感謝のきもち、
憧憬。
わたしのなかによくこんなにも動く部分があったと思う
やみつきになるこの感覚





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

別窓 | フェティッシュ | コメント:0 | ∧top | under∨
<<最近 | 逢瀬日記 | むすびめ>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。