FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

夜のうた

真暗の夜
日ごと訪れるあの感覚
白く柔い肌を締め付け
ゆるりと跡をのこす
忘れ難くさせるためか
誓いめいたものか
罰か褒美か
静寂をみつめる
深い夜に星数あれど
ひときわ輝くのは
あれは

皮膚に蛇を飼うて
明けの気配も近うなりぬれば





ご訪問ありがとうございます。ランキングに登録しています。
1クリックいただければ幸いです。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | フェティッシュ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<満ち | 逢瀬日記 | 最近>>

この記事のコメント:

智薫さんの白い肌を縄が締め付けて、淫らな智薫さんを懲らしめるかのような詩です。

この年始、丸裸になって年始の挨拶をしなければいけない私・・・
これは罰なのか褒美なのか、この詩を読みながら考えています。

よいお年をお迎え下さい。
2014-12-30 Tue 11:26 | URL | 佐知子 #-[ 内容変更]
佐知子さま、こんばんは

逢瀬日記へのご訪問とコメントをありがとうございます。
佐知子さまを待っているのはきっと淫靡なご褒美だと感じます。
すてきな年末年始を迎えられますように。
2014-12-30 Tue 21:27 | URL | 智薫 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。