FC2ブログ

逢瀬日記

ご主人様との出会いから今迄。 後天性被虐趣味なわたしの手記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

逢瀬日記4(3)

椅子に座りなさい。と命じられる。
ご主人様は、向かいのベッドに腰掛けている。
向かい合うような格好になる。
若干、私のほうが視線の位置が高くなるため、
非常に居心地が悪い。

ご主人様は、私と話をしようとされている。

今なにをどう思っているか言いなさい。
そう訊くご主人様に対して、
私は言うべき言葉を探したけれど、
それはなかなか見つからなかった。
アナ/ル調教の開始に対する、
私の頑なな拒否の理由やその態度について、
ご主人様は問おうとされている。

気持ちを言葉にすることが
こんなに大変だと思ったことは、そうそうない。
まず、思ったことに相応しい言葉が見つからない。
間違った言葉を選んで、誤解を与えたくない。
そして、思ったこと自体にも、自身が持てない。
自分の気持ちが疑わしい。

言いたいこと、言うべきこと、状況、
よく思われたいという邪念が入るかもしれない。
実のないなにかを言うことは出来るかもしれないけれど、
今、こうして真剣に向かい合ってくださっている方に対して、
私も真剣な言葉で応じたい。
嘘が混じらないように向き合いたい。
そう思うと、途端に声を失う。

長い間、私が言葉を発するのを待っていて下さった。
空白の時間、
待っていただいている優しさと、
応えられない残念さが覆う。
恋人たちや、不倫のカップルや、買春売春で、
多くの人たちがこれまで裸で絡みあってきた一室で、
私たちは服も脱がずに、ただ向かい合っている。

ご主人様は、じゃあ、と静寂を割りました。
2つの質問をされました。
ひとつは、私の奴隷で居たいかと。
もうひとつは、本当に、私に全てを捧げたいと望むかと。

ひとつめの質問には即答しました。
もうひとつの質問には、
まっすぐ投げかけられる視線に、
ふたたび言葉を失いました。

「全て」
なんて重い言葉だろう。
私は、本当にご主人様に全てを捧げたいと望むか、
現段階では、「わからない」。
簡単に「はい」と言ってしまいたくない。
覚悟できてないのに、覚悟できているふりはしたくない。
私は望むかもしれない。
でも、そうできない可能性もまたある。
全てを捧げようとする姿勢は示したい。

「例えば、アナ/ル、とか、野外での露出は、
本当にできないと思います。
今迄、そんなこと考えたこともなかったし、
してはいけないことだと思う。」
「それは智薫がしてはいけないと感じるのか?」
「今迄考えてみたこともありませんでした。」
「行為だけのことではない。
そういう行為が、プレイがしたいだけなら主従は必要ない。
それらしいことをベッドですればいいだけ。
それなら、今の智薫と何も変わっていかない。
私は智薫が変わっていくのを見たい。
そこに立ち会いたい。」

ひとつひとつの言葉がぐさぐさ容赦なく刺さってきて、
ものすごく痛い。
痛くてたまらない。
ああ、私は変化なく安全なところに留まっていたいという
欲求があるんだと自覚した。
ご主人様の導きをおそれる、
おそれを感じる臆病でわがままな奴隷。
やっぱり私には無理なのかな、
ご主人様が調教のレベルを上げようとしていることで、
その不安や混乱がせり上がってきたのだと思う。

でも、これから、ここから先、
ご主人様の調教についていくには、
本当に愛情がなくては無理だと思っている。
それだけの信頼が必要だと思っている。

愛着を持つことへの不安。
心の距離を詰めることへの不安。
それをクリアしないと進めない。

「ご主人様だから奴隷になれた・・・というか、
誰の奴隷でもよかったかというと、
絶対にそうではなくて、
ご主人様だから、頑張れているところがあります」
そう言いきって、俯く。
視線を感じる。目を合わせる。逸らされる。
もう一度目が合う。逸らす。

「ちょっとずつでいいから頑張りなさい」
そうおっしゃってご主人様は、私の髪を撫でた。
はい、
と、小さな声で返事をした。
ああ、やっぱり、私はこわさを持ったまま、
ついていくんだ。と思いました。

「今日は話が出来たし、このまま帰るか?
それとも、調教されていくか?」
「はい。調教してください」
照れながら頷いた。












ブログランキングに参加してみました。
応援よろしくお願いします。

↓クリック



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
別窓 | 逢瀬日記1~10 | コメント:2 | ∧top | under∨
<<逢瀬日記4(4) | 逢瀬日記 | ありがとうございます。>>

この記事のコメント:

智薫様、初めまして。杏海と申します。。
突然のコメント…失礼致します。

この記事に…あまりにも共感してしまい、コメント…ということが得意では無いので読みづらいかとは思いますが、書かせて頂きました。。

私は、元々自分の気持ちを言葉にすることが苦手です。。言葉も上手には出てきませんし、思ったことがうまく伝えられずに誤解されてしまうのも怖いと感じます…。

智薫さんの、「誰の奴隷でも良かったかというと、絶対にそうでは無くて…」という言葉は…今の私にはとてもよく分かるお言葉で、それをお伝えすることも…とても大切なことのように感じました。。

私も…ご主人様に拾って頂いてまだ3ヶ月で、智薫さんのblogにとても共感させて頂いています。。

うまく書けなくて申し訳ありません。
やっぱりコメント…って難しいですね////

また楽しみに拝見させて頂きます。
それでは、失礼致します。



2011-09-18 Sun 23:13 | URL | 杏海 #-[ 内容変更]
杏海様

こんばんは。はじめまして。智薫です。
コメントありがとうございます。
うれしいです。


共感していただけて、とても嬉しいです。
恥ずかしいながら、
書いて良かったなと思いました。

杏海さまもご主人様がいらっしゃるのですね。
杏海さまの主従関係が、
これからも
お二人にとって心地よいものでありますよう★。・○。

2011-09-19 Mon 00:31 | URL | 智薫 #V0sVL5lk[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

| 逢瀬日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。